×
By
fashionsnap
掲載日
2019/04/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリコレ最年少デザイナー来日、「アフターホームワーク」が日本初のポップアップを大阪で開催

By
fashionsnap
掲載日
2019/04/24

  パリ発のブランド「アフターホームワーク(Afterhomework)」が、日本初のポップアップショップ「Floating Installation」をコンテナストア(Contenastore)大阪店で開催する。4月28日から30日までの3日間で、期間中はデザイナーのピエール・カツマレク(Pierre Kaczmarek)とエレナ・モットラ(Elena Mottola)が来店する。

2019年春夏コレクション ルック - Image: Afterhomework


 2014年に15歳のピエール・カツマレクが立ち上げた同ブランドは、当時自身が高校生だったことから勉強に支障が出ないようにと「アフターホームワーク」と命名。2016年からスタイリストのエレナ・モットラが参加し、2019年春夏シーズンにはパリファッションウィークの公式スケジュールでランウェイデビューを果たした。「Floating Installation」では、店内の一部を「アフターホームワーク」のディレクションのもとディスプレイ。2019年春夏コレクションに加えて、Tシャツやジョギングパンツなどのポップアップ限定アイテムを展開する。
 
 また、最終日の4月30日にはHiyadamらが来場するアフターパーティーを心斎橋のGarden Barで開催する。



■Floating Installation
開催日:2019年4月28日(日)〜2019年4月30日(火)
時間:13:00〜20:00
場所:Contenastore Osaka
住所:大阪市中央区西心斎橋1-9-21 2F
 

■Afterparty
場所:Garden Bar
住所:大阪市中央区西心斎橋2-8-21 B1f
日程:2019年4月30日(火)
時間:22:00〜27:00
Special Guest : Hiyadam
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.