×
548
求人
コンデナスト・ジャパン
Digital ad Operation&Programmatic ad Staff
正社員 · 東京
KERING
Assistant Warehouse Manager
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
【Food/Laduree】法人営業
正社員 · 東京
LACOSTE JAPAN
Finance & Operation部/Logistics Specialist
正社員 · 東京
LACOSTE JAPAN
E-Commerce Director
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
財務経理(マネージャー候補)募集
正社員 · 東京
FENDI
Retail Training Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Retail Operation Coordinator
正社員 · 東京
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, HR)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Ysl)
正社員 · Tokyo
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Advertising
正社員 · 東京都
コンデナスト・ジャパン
Corporate Branding Manager (or Senior Manager)
正社員 · 東京都
FENDI
Supply Chain & Logistics Director
正社員 · 東京都
バーバリー・ジャパン株式会社
Customer Fulfillment Assistant Manager 募集
正社員 · 東京
FENDI
Digital Marketing Manager
正社員 · 東京
SHIPS
商品ロジスティック部門 物流担当スタッフ
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
リーフレット・ノベルティ・パッケージ等販促物の企画制作(正社員)
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Digital Marketing Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Head of E-Commerce & CRM Japan
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Sales Representative
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Brand Merchandising Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Merchandising Specialist
正社員 · 東京都

パリメンズが開幕 長引くストのなか充実したプログラムに

掲載日
today 2020/01/13
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 パリ メンズファッションウィークが1月14日〜19日の期間開催される。公共交通機関のストライキが続いているほか、ミラノでは「グッチ(Gucci)」がパリ初日と重なる日程でランウェイショーを披露することで、従来よりもスケジュールはやや複雑なものとなっている。しかし、プログラム自体は充実したもので、非公式の日程でコレクションを発表するブランドも過去最多を記録した。

Shutterstock Ivan Bastien


  今シーズンは合計53のショーが公式日程上で行われる予定で、これに非公式のランウェイが20程度加わる。また、ストライキの影響を考慮し、フランスファッション連盟は各会場をつなぐシャトルバスの数を倍に増やして対応するという。
 
「オフ-ホワイト(Off-White)」、「ヴェトモン (Vetements)」といった注目ブランドはもちろん、「ディオール(Dior)」、「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」、「エルメス(Hermès)」、「ヴァレンティノ(Valentino)」など大手メゾンも例年通り参加するが、「セリーヌ(Celine)」は今シーズンのメンズをスキップする。

一方で、先シーズンは「ピッティ・ウオモ(Pitti Uomo)」に参加していた「ジバンシィ(Givenchy)」や南仏で10周年を祝った「ジャックムス(Jacquemus)」の2組はパリにカムバックを果たす。「ジャックムス」に関しては、メンズ・ウィメンズを同時に披露する予定だ。
 
  新規参加組としては、「ルード(Rhude)」、「ボッター(Botter)」、「ロシャス オム(Rochas Homme)」、「クレイグ グリーン(Craig Green)」の4組が名を連ねる。2018年にロサンゼルスでRhuigi Villasenorが立ち上げた「Rhude」はクチュールとストリートをミックスしたスタイルが特徴で、14日にショーを行う。16日にはフェデリコ・クッラーディ(Federico Curradi)がデザインを手掛ける「ロシャス オム」と、「ニナ・リッチ(Nina Ricci)」のデザイナーデュオ、ルシェミ・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)による「ボッター」もがパリメンズデビューを果たす。ロンドン ファッションウィーク常連の気鋭ブランド「クレイグ グリーン」は19日にランウェイを行う。非公式スケジュールでは、Charaf Tajerによる「カサブランカ(Casablanca)」初のショーに注目が集まる。

Rushemy Botter & Lisi Herrebrugh - © PixelFormula


 他にも、「ヘロン プレストン(Heron Preston)」や10周年を祝う「Rynshu(リンシュウ)」は非公式プログラムに移動してショーを開催。ステファン・アシュプール(Stéphane Ashpool)の「ピガール(Pigalle)」は「ナイキ(Nike)」とのコラボレーションを初披露する。
 
 さらに、「ファセッタズム(Facetasm)」、「シエス・マルジャン(Sies Marjan)」、「Andrea Crews」など、ショーからプレゼンテーション形式に移行したブランドも多い。
 
  不参加のブランドとしては、「フミト ガンリュウ(Fumito Ganryu)」、「CMMN SWDN」のほか、ブランドを休止した「クリスチャンダダ(Christian Dada)」、そしてメンズをウィメンズと同時発表する「トム・ブラウン(Thom Browne)」や「ケンゾー(Kenzo)」などが挙げられる。「ジル・サンダー(Jil Sander)」も「ピッティ」にゲスト参加したことで今シーズンは不在だ。
 
 また、フランスファッション連盟は、若手ブランドを集めた「デザイナーズアパートメント(Designers Apartment)」を拡充し、新しいショールーム「Sphère – Paris Fashion Week® showroom」を今季からスタートする。ウィメンズ期間だけでなくメンズシーズンにも開催することで、年に4回という高い頻度のプログラムになる。今回は「Blue Marble 」、「Boyarovskaya」、「Egon Lab」、「Ester Manas」、「Gamut」、「Kits」、「Mansour Martin」、「Mossi」、「Simon Lextrait」というフランスブランド9組が参加する。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com