×
565
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

パリ進出と出産を経験して変化は?「ステア」20年春夏は曖昧で不完全なものに宿る美を追求

By
fashionsnap
掲載日
today 2019/10/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 デザイナー武笠綾子が手掛ける「ステア(Stair)」が11月15日の今日、1年ぶりとなるショーをPacific Arts Aoyama Morio's Studioで開催した。2020年春夏コレクションのテーマは「Sight」。曖昧で不完全なものに宿る美と感情の移ろいを、アイテムで表現したという。

Stair 2020年春夏コレクション - Image: Fashionsnap.com


 コレクション製作はパターンメイキングからスタートするというステア。その時々の気分に沿って、シルエットを組み立てていくという武笠は、今シーズン肩パッドを入れたノースリーブトップスや、ウエストで生地をつまみドレープを作りボトムスにかけて流れるようにプリーツを入れたワンピースなど、リアルクローズでありながらも新しさを感じられるフォルムを追求したという。
 
 また、山梨県富士吉田で作った経糸の模様が少しずつズレて、ぼかしたような風合いが出る「ほぐし織り」のテキスタイルといった日本の伝統技法を駆使するなどして、ほとんどの素材をオリジナルで製作。柄にはモアレや花のモチーフを採用することで、コレクションに華を添えた。

 2020年春夏コレクションから「アンリアレイジ(Anrealage)」などを担当するセールスThe Alphabetと契約し、初めてパリで展示会を開催。武笠は「良かった部分も課題も見つかり、為になる出展だった」と振り返る。主な課題は発表の時期とMD構成とし、ワンピースやドレスなど女性らしい繊細なアイテムを求める日本の市場と、スーツやシャツなどスタイリッシュなアイテムを求める海外市場とのギャップに適応させた商品構成を目指すという。
 
 また今年出産して母になった武笠。「意識的に変えた部分はありませんが、もしかすると無意識の中でデザインに変化があったかもしれません」と、ブランドと自身の転機についてコメントしている。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.