×
595
求人
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo
ADIDAS
Manager, Retail Analyst, Retail Back Office
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager Buying Adidas & License Goods, Buying, Direct to Consumer
正社員 · 東京
ADIDAS
District Manager Field Operations, Retail Operations, Direct to Consumer
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Evm, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Organic Search, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
MOËT HENNESSY DIAGEO JAPAN
Account Manager Duty Free Sales
正社員 · 東京都
KERING
Kering Eyewear Finance Manager
正社員 · 東京都
BOTTEGA VENETA
Commerce & Client Service Manager(Japan)
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
経理(リスクマネジメント)
正社員 · 東京
TRIUMPH
Purchase Order Management Specialist
正社員 · 東京
TRIUMPH
Senior Brand Merchandising Manager - Triumph Core
正社員 · 東京
デッカーズジャパン
Demand Planner, Operations
正社員 · 東京
LACOSTE JAPAN
Digital Marketing/CRM Specialist
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Digital Specialist / Online Creative Director(Luxe)
正社員 · Tokyo
KERING
Retail IT Operations (Gucci)
正社員 · 東京
DIOR
ビジネスアナリスト
正社員 · 東京
BOUCHERON
Product Marketing
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
セールスクラーク
正社員 · 東京
AESOP
Supply Chain Coordinator
正社員 · 東京

パリ クチュール:「シャネル」、セクシーでシックな図書館ルック

掲載日
today 2019/07/02
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「シャネル(Chanel)」クチュールの新しい女性像は、浮ついたものを嫌い、ランウェイでも眼鏡を手放さないような頭脳派のようだ。


Chanel - Fall-Winter2019 - Haute Couture - Paris - © PixelFormula


 5月のクルーズから数えて2度目、クチュールとしては初めてとなるヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)のコレクションは、図書館を模したセットの中で行われた。会場はブランド御用達のグランパレだ。
 
 エレガントなクッションつきの客席には、マーゴット・ロビーをはじめ名だたるセレブリティが揃っていた。

 オープニングのルックはどれもエレガントで、ツイードで仕立てた素晴らしいカッティングのコートやコートドレスにはサイドにスリットを入れて大ぶりのパールボタンをあしらった。他にも、マトンスリーブのジャケットにミニ丈のスカートを合わせたスーツスタイルが続く。
 
 こうしたシルエットからもすでにヴィアールの腕が窺える。何十年とカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の右腕を務めていた彼女は、「シャネル」のDNAを知り尽くしているようだ。
 
 イブニングウェアとしては、白黒チェックのカラムドレスを提案。ネックラインにラッフルをあしらったマドモワゼル・シャネル風のものも見られた。また、ダブルのジャケットがフロアレングスのスカートに繋がる真っ赤なドレスや、タキシードドレスも目を引く。

Chanel - Fall-Winter2019 - Haute Couture - Paris - © PixelFormula


 真摯に仕立てられたアイテムはどれも素晴らしいものだったが、少しばかり真面目過ぎる感も否めない。
 
 バックに流れるPortishheadが「Give me the reason to love you(あなたを愛する理由をちょうだい)」と歌うと、観客の心もそれにシンクロするようだった。
 
 ファッションとしては非常によく出来ていたものの、昔のような魔法は感じられない。

 クラシックな文学作品のコピーを何全冊も並べたセットにも目を見張った。しかし、もしこれがカール・ラガーフェルドであったなら、ココ・シャネルの自伝のフェイクでも並べたのではないだろうか、との考えも頭をよぎる。本棚の下に置かれた物寂しい猫足のソファからシンプルなインビテーションまで、本当に小さいことではあるが、細部が抜け落ちているのだ。さらに、あのロゴたちはどこに行ってしまったのかという疑問も禁じ得ない。
 
 「シャネル」は経済的にも潤っているし、寛大なメゾンだ。それがヴァネッサ・パラディの友人や家族を招いたプライベートコンサートを行うとなると、またしても違和感を覚えてしまうのは致し方ないことだろう。会場に入ってドリンクチケットを手渡されたゲストの中には、「とんでもない!」とフランス人らしく眉を顰めるエディターもいた。

Chanel - Fall-Winter2019 - Haute Couture - Paris - © PixelFormula


 「シャネル」のように本物の偉大なメゾンというものは、夢を売るのが商売だと自覚している。人生を変えてしまうような美しい商品を売る語り手なのだ。しかし同時に、パリのどのクチュールメゾンもそうであるように、金を稼ぐ道具でもある。今回のコレクションは洗練されているし、商業的にも成功するだろうことは疑いようがない。
 
 ヴィアールは大きな拍手の中で姿を現した。オーナーのアラン&ジェラール・ヴェルテメール(Alain & Gérard Wertheimer)兄弟もこの時ばかりは大っぴらに喝采を送っていた。
 
 ただ、長期的にメゾンの将来を考えた時にはやはりいくつか疑問が残る。偉大なデザイナーが去れば、後継にのしかかる重みは計り知れない。サッカーチームのようなものだが、ヴィアールがどういうポジションに収まるのかは未知数だ。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com