×
483
求人
COACH
Manager, Retail Customer Engagement (Tapestry)
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Marketing&Operation Specialist
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Creative Producer
正社員 · 東京
BARNEYS NEW YORK
【正】総務スタッフ:本社
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Digital ad Operation Specialist
正社員 · 東京
AESOP
Retail Training & Performance Manager
正社員 · 東京
株式会社サザビーリーグ
販売促進担当(セールスプロモーション担当)Artida Oud(アルティーダ ウード) 
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Group/Senior Product Manager (Ppd, l'Oreal Professionnel)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan CRM Operation Specialist (Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan Brand E-Business Shop-iN-Shop Project Manager(Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
BAYCREW'S GROUP
マーケティング担当(メール/Sns、自社、業界最大級のEcサイト)
正社員 · 東京
AESOP
Marketing Coordinator
正社員 · 東京
CHRISTIAN DIOR
Supply Chain Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Hrコーディネーター(採用中心)
正社員 · 東京
HUBLOT
PR&ad Manager
正社員 · 東京
LVMH WATCH & JEWELRY JAPAN
ロジスティクス プロダクツオペレーション リーダー
正社員 · 東京
ステラ マッカートニー
Logistics Assistant (Import/Export Coordinator)
正社員 · 東京
GUCCI
Financial Controller
正社員 · 東京
KERING
Kering Store Planning Project Coordinator
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo

パリ ファッションウィーク開幕 「移動祝祭日」の街

掲載日
today 2018/02/26
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 パリ ファッションウィークが開幕する。新規デザイナーのデビューから老舗メゾンのカムバックまで、充実したプログラムが予定されている。

Jacquemus - Spring-Summer2018 - Womenswear - Paris - © PixelFormula


 3月6日までの9日間で、79のランウェイショーと30以上のプレゼンテーションが行われるが、中でも様々な形の"デビュー"に注目が集まる。
 
 特にイーキン・イン(Yiqing Yin)が初めて手掛ける「ポワレ(Poiret)」のコレクションは今シーズンの目玉の一つだ。ポール・ポワレ(Paul Poiret)が100年前に立ち上げたメゾンが、パリで復活を果たす。

 ポワレの最期は決して幸福なものではなかったが、第一次世界大戦前のパリにおいて、ポワレは大胆な色使いとファンタジーを象徴する存在だった。芸術家と協業した初めてのデザイナーでもあり、「バレエ・リュス(Ballets Russes)」に着想を得たコレクションでも知られる。2007年、メトロポリタン美術館コスチューム・インスティテュートで開かれた展覧会でも亡きポール・ポワレの名声は高まり、イーキン・インのもとで彼のメゾンが蘇ることとなった。「Le Manifique(偉大な男)」の異名は決して伊達ではない。
 
 他にも、2017年LVMHプライズでグランプリを受賞した新進デザイナー、マリーン・セル(Marine Serre)も公式カレンダーでのデビューを果たし、話題を呼んでいる。
 
 日本からは、熊切秀典の「ビューティフルピープル(Beautiful People)」がパリでは初めてとなるランウェイショーを開催。香港のアナイス・マック(Anais Mak)手掛ける「Jourden」も、面白いテクスチャーやエンベリッシュメントで知られる新進ブランドだ。また、フランスを代表するブランド「アーペーセー(A.P.C.)」は、ここ5年間コレクションを発表してきたニューヨークから、ホームタウンであるパリに戻って来る。

 上記に加え、オーストラリア出身のデュオがロンドンを拠点に展開する「ラルフ&ルッソ(Ralph & Russo)」や、日本からの「シクラス(Cyclas)」と「マメ(Mame)」、中国からの「ダウェイ・スン(Dawei Sun)」、「Jarel Zhang」、そして韓国からの「Moohong」といった面々が並ぶ。デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)と同じくジョージア出身のIrakli Rusadzeによる「シチュエーショニスト(Situationist)」にも注目だ。

Altuzarra - Spring-Summer2018 - Womenswear - Paris - © PixelFormula


 そして「アルチュザラ(Altuzarra)」と「トム・ブラウン(Thom Browne)」、2つのアメリカンブランドも引き続きパリでコレクションを発表する。実際、パリほど多くのバイヤーやエディターを惹きつける都市は他に無いだろう。国際的な訴求力の不足がニューヨークなどの弱点でもある。
 
 ファッション連盟が支援する若手の合同展示会「デザイナーズアパートメント(Designers Apartment)」は、会場をパレ・ド・トーキョーに移しての開催となる。「Afterhomework」、「Coralie Marabelle」、「Da/da」、「Dawei」、「ケンタマツシゲ(Kenta Matsushige)」、「Mazarine Paris」、「Proêmes de Paris」、「Quoi Alexander」、「Savoar Fer」、「Arthur Avellano」、「Clara Daguin」、「GNDR」、そして「ニウク(Nïuku)」といったブランドが出展する。
 
 正式な開幕日の前日、26日の夜に最初のショーを行うのは、先シーズと同じく「ジャクムス(Jacquemus)」を手掛けるシモン・ポルト・ジャクムス(Simon Porte Jacquemus)だ。そして27日には、「ディオール(Dior)」が大手メゾンのトップバッターとしてロダン美術館でコレクションを披露。モンテーニュ通りにある本店に隣接して、アイウェア専門のブティックを立ち上げたばかりでもある。
 
 パリは移動祝祭日だ。アルベルト・クリームラー(Albert Kriemler)の「アクリス(Akris)」は晩餐会を催し、中東における「ファーフェッチ(Farfetch)」との提携も記憶に新しいインジー・シャルーブ(Ingie Chalhoub)は、左岸の老舗クラブ「カステル(Castel)」でディナーパーティーを開く。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

こちらもどうぞ