×
By
Reuters
掲載日
2016/03/07
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ ファッションウィーク:「ディオール」のダークルック、「イッセイミヤケ」の “ビヨンド”プリーツ

By
Reuters
掲載日
2016/03/07

 パリ ファッションウィークで発表された16年秋冬ウィメンズコレクション。「ディオール(Dior)」ではダークシルエットとブライトカラーのミックスが、「イッセイ ミヤケ(Issey Miyake)」ではカラフルなプリーツが目を引いた。

Christian Dior AW16/17 Paris Fashion Week - PixelFormula


  ラフ・シモンズ(Raf Simons)退任後の「ディオール(Dior)」。フューチャリスティックなトンネル風のランウェイで行われたショーは、まずブラックとブルーを使ったルックで幕を開けた。イエローやピンクのハイカラーシャツや、バイカラーのレースアップアンクルブーツなどがアクセントとして登場。
 
 全体的にスリムなシルエットが目立ち、コートドレスやアシンメトリーなぺプラムジャケット、そしてディオールを象徴するバージャケットの新バージョンや、ハイウウェストのペンシルスカートなどのアイテムが。

 また、ショートコートやドレスには、オフショルダーのロマンティックなデザインも多数見られた。ダークなドレスやコートにもペーズリーを始め様々なパターンを用いて、ミックスしたルックを作り上げていた。

Issey Miyake AW16/17 Paris Fashion Week - PixelFormula


 宮前義之が手掛ける「イッセイ ミヤケ」は、カラフルな「ビヨンド(Beyond)」ラインを発表、「まるでパンを焼くように生地を焼いて膨らませる」という新しいプリーツ“ベイクドストレッチ”が披露された。
 
 カラフルなプリズムパターンとジオメトリックラインがあしらわれた膝丈のドレスやスカート、ノースリーブトップスといったアイテムが目についた。
 
 また、蒸気で布を縮めて服を作る革新的なスチーム製法を応用した“3Dスチームストレッチ”を用いたトップス、ジャケット、スカート、ドレスも登場した。
 
 ブラック、ホワイト、ターコイズにダークオレンジといったカラーが、複雑なプリーツ使いと相まって視覚的なイリュージョンを作り出す。マルチカラーのルックには、様々なレングスのブラックブーツがスタイリングされていた。
 

(Reporting by Reuters Television in Paris; Writing by Marie-Louise Gumuchian in London; Editing by Andrew Roche)


 

© Thomson Reuters 2021 All rights reserved.