パリ ファッションウィーク:「ビューティフルピープル」、表でも裏でもない"Side C"

 「ビューティフルピープル(Beautiful People)」がパリ行った二度目のランウェイショーでは、自由に解体し再構築できる、新しい構造を持った衣服を打ち出した。

コレクションを見る
Beautiful People - Spring-Summer2019 - Womenswear - Paris - © PixelFormula

 シンプルな素材とベーシックな色使い、一見素朴にも見えるワードローブだが、ジップやボタン、紐で繋がり幾重にも重なった布は、表なのか裏なのか、前なのか後ろなのか、まるでエッシャーの騙し絵のような不思議なシルエットを生む。
 
 たっぷりとしたラッフルが交差するドレスや、長いエプロンを何重にも巻き付けたようなワンピース、脱いだコートの袖を腰の前で結んだかに見えるディテールのほか、ジャケットの内側に着ているはずのスカートがいつの間にかアウターと一体化してぐるりと外側を一周するデザインのコートなど、布の「ねじれ」がベーシックなアイテムを別の何かに変質させていく過程が見えて面白い。
 
 コレクションのテーマ「Side C」は新しいテクニックの名前でもある。「構築的な洋服と脱構築的な洋服、二分化されているファッションの中間を目指した」と語るデザイナーの熊切秀典。特に裏と表が自然と繋がってねじれていく構造については、「裏地の縫い方とその間にある袋状の部分に注目し、新しいテクニックを編み出した。『Side C』と名付けたが、これを更に発展させていきたい」という。
 
 ショーの最後には、4つのシルエットをその場で解体して再構築する過程をデモンストレーションで見せた。紐で留めたパーツや捲れたり脱げかけたりしていた部分が、今度はあるべきところへと収まっていく。

コレクションを見る
Beautiful People - Spring-Summer2019 - Womenswear - Paris - © PixelFormula

 素材はナチュラルなものにこだわったことで、捻りのあるシルエットが強調されていた。白ワインで染めたり塩で縮ませたりと、生地の加工も自然由来の方法を用いて、どこか温かさの感じられる風合いに仕上げている。「現代的な新しいものに、あえて自然なものを合わせてみた」と、アンビバレンスで遊ぶブランドのコンセプトを貫く。
 
 2007年に熊切秀典が中心となって立ち上げられた「ビューティフルピープル」は、先シーズンからパリ ファッションウィークの公式スケジュール上でランウェイショーを行っている。現在、日本に3軒の直営店を展開し、世界では80店舗ほどに卸先があるが、やはり国外の取引はまだアジアが中心だという。「ヨーロッパでは、思い切ったことをしても認めてもらえる」と話した熊切デザイナー。今後もパリで発表を続けていく予定だ。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッションショー
新規登録