×

パリ ファッションウィーク、9月の開催が確定

掲載日
2020/06/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 フランス クチュール・モード連盟(La Fédération de la Haute Couture et de la Mode)(以下、FHCM)が、9月28日~10月6日にわたってパリ ファッションウィークを開催することを正式に発表した。

Dior AW2020 - © PixelFormula

 
 新型コロナウイルスの感染状況を予測することは難しく、「実施方法に関しては当局の推奨事項に準ずる」とも述べられている。また、「パリ ファッションウィーク・オンラインに関する施策で補完する」という記述もあるが、詳細は現在のところ伏せられている。

 ソーシャル・ディスタンスの徹底や、国境の一部閉鎖、集会の禁止といったコロナ関連の規制が今後どう動くかは不明で、ファッションウィークの開催にも課題が多い。

 ともあれ、招待客数は通常よりも少なくなることは確実で、それをデジタル面の強化で補う形になるだろう。

 一方で、従来の公式シーズンから離脱する決断を下したメゾンも少なくない。

 2020年中は独自スケジュールでショーを行うとした「サンローラン(Saint Laurent)」や、7月のデジタル版ミラノ ファッションウィークに参加した後9月のイベントはスキップすると決めた「グッチ(Gucci)」のほか、「マイケル・コース(Michael Kors)」も9月に従来型のショーは行わず、10月か11月に特別な形式でのプレゼンテーションを開催すると発表した。

 「バーバリー(Burberry)」に関しては9月17日に英国国内で野外ランウェイを披露し、「フェンディ(Fendi)」は9月22日にローマ本社でプレゼンテーションを行う予定だ。
 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com