×
掲載日
2016/06/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ メンズコレクション、今季もランウェイショーの数を維持 業界動向の影響も薄く

掲載日
2016/06/20

 パリ メンズファションウィーク17年春夏コレクションが、6月22日~26日に開催される。
 
 ショースケジュール変更の波に揺れるファッション業界だが、パリのファッションウィークは堅調だ。予定されているランウェイショーは、先シーズンの48組から今季は49組と増加した。それに加えて、15ブランドがプレゼンテーションを行う。

Givenchy Homme, AW2016-17 - © PixelFormula


  「ヴァレンティノ(Valentino)」、「リック・オウエンス( Rick Owens)」、「ルイ・ヴィトン( Louis Vuitton)」、「ヨウジヤマモト」、「ジバンシィ( Givenchy)」、「ケンゾー( Kenzo)」、「ディオール オム (Dior Homme)」、「エルメス(Hermès)」、「ランバン(Lanvin)」といった大手メゾンはもちろん、若手の注目ブランドも名を連ねる。
 
 一方で、昨今のショーのあり方に疑問を抱き、ランウェイから遠ざかる決断をしたウミット・ベナン(Umit Benan)のようなデザイナーも存在する。「ファッションショーは祭のようなものでなければいけない。スケジュール通り、午後3時~4時まで、なんてものではない」と話していた。

 他にも5組のキャンセルがあったが、それを補う形で新しい6組が加わった。先シーズンのピッティ・ウオモ(Pitti Uomo)でショーを披露した「ジューン・ジェイ(Juun.J)」もそのうちの一人だ。

Strateas.Carlucci - © PixelFormula


 逆に、今季はラフ・シモンズ(Raf Simons)がピッティでショーを行い、パリを欠席するという形になっている。
 
 また、新アーティスティックディレクターを迎えた「サンローラン(Saint Laurent)」も、アンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)初のコレクションを披露するため、10月のウィメンズファッションウィークを待つ。LAでのショーを行った先シーズンも、パリのメンズコレクションには不参加だった。
 
 他にも、「ミハラヤスヒロ」、「ソンジオ(Songzio)」、「ストラテアス・カルルッチ(Strateas.Carlucci)」といったブランドが席を空ける。

Carven - © PixelFormula


 新しい顔ぶれとしては、デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が手掛ける「バレンシアガ(Balenciaga)」初のメンズコレクションが22日に披露される。
 
 「カルヴェン(Carven)」も、今までプレゼンテーション形式をとってきたメンズコレクションを、初めてランウェイショーとして発表する予定だ。
 
 落合宏理の「ファセッタズム(Facetasm)」、ステファン・アシュプール率いる「ピガール パリ(Pigalle Paris)」といった初参加の面々にも注目が集まる。


Sean Suen


 最終日には、カニエ・ウェストのクリエイティブディレクターを務めるヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の「オフホワイト(Off-White)」が、ウィメンズに引き続きパリでの初ランウェイショーに挑む。また、ロンドンでブランドを立ち上げた中国人デザイナー、シーン・ソン(Sean Suen)も、期待の新人だ。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com