×
532
求人
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Ysl)
正社員 · Tokyo
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Advertising
正社員 · 東京都
コンデナスト・ジャパン
Corporate Branding Manager (or Senior Manager)
正社員 · 東京都
FENDI
Supply Chain & Logistics Director
正社員 · 東京都
バーバリー・ジャパン株式会社
Customer Fulfillment Assistant Manager 募集
正社員 · 東京
FENDI
Digital Marketing Manager
正社員 · 東京
SHIPS
商品ロジスティック部門 物流担当スタッフ
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
リーフレット・ノベルティ・パッケージ等販促物の企画制作(正社員)
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Digital Marketing Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Head of E-Commerce & CRM Japan
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Sales Representative
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Brand Merchandising Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Merchandising Specialist
正社員 · 東京都
COACH
Manager, Retail Customer Engagement
正社員 · 東京都
COACH
Assistant Manager, Talent Cquisition
正社員 · 東京都
BAYCREW'S GROUP
バイヤー(レディース/Noble)
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
バイヤー(レディース/Plage)
正社員 · 東京
ADIDAS
Manager, Group Procurement
正社員 · 東京都
BAYCREW'S GROUP
マーケティングプランナー
正社員 · 東京
SHIPS
海外インポート・バイイング商品の輸入管理 担当スタッフ
正社員 · 東京都
SHIPS
Ships Any(新業態) Mensバイヤー担当
正社員 · 東京都
BAYCREW'S GROUP
人事労務担当
正社員 · 東京都

パリ メンズ:「セリーヌ」がファッションウィーク締め括り ブリティッシュとフレンチが出会うテーラード

掲載日
today 2019/06/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ロンドン、フィレンツェ、ミラノ、パリと続いた一連のメンズ ファッションウィークシーズンは、エディ・スリマン(Hedi Slimane)手掛ける「セリーヌ(Celine)」のショーで閉幕となった。

Celine - Spring-Summer 2020 - Menswear - Paris - © PixelFormula

 
 ショーの開始と共に赤いカーテンのついた巨大なキューブがキャットウォークをゆっくり進み、徐々にその中にあるライトつきのメカニックなオブジェが露わになる。そこから登場したロックスター風のモデルは、スリムなスリーピースとナロータイに身を包んでいた。目元にはサングラス、胸元にはカーネーションが。
 
 ブリティッシュなテーラードやモチーフをフレンチな感性で解釈した、まさに"英仏協商"的なコレクションと言えそうだ。無造作なヘアスタイルにデニムとチョークストライプをミックした着こなしは、どこかセルジュ・ゲンスブールを思い起させる。

Celine - Spring-Summer2020 - Menswear - Paris - © PixelFormula


 「何か背景に語るべきストーリーが存在するわけじゃない。テーラリングとシルエット、アティチュードの純粋な表現なんだ」とエディ・スリマンはバックステージで語った。

 フラットフロントのフレアパンツはデニムからピンストライプ、チョークストライプまで様々な形で見られ、そこにロングのリザードブーツをスタイリングするのが基本だ。
 
 そこにダブルのブレザーやホワイトパイピングのデニムジャケット、真っ赤なベースボールジャケット、ホワイトのタキシードジャケット、カモフラージュ柄のトレンチに、クリケットカーディガンなどを合わせた。
 
さらに、少し先が読めてきた頃合いで、マイクロチョークストライプのバンカースーツをロックに仕上げたルックを投入。

Celine - Spring-Summer 2020 - Menswear - Paris - © PixelFormula


 スコットランドのケルティックロックバンドBodegaが特別に制作したサウンドトラックをバックに、アンヴァリッド裏に設営された巨大なテントの中で行われたショーは、内容も演出もどちらも大成功を収めた。スタンディング席には無数のファンが群がっている。
 
 フロントロウの顔ぶれを見るだけでも、「セリーヌ」が順調だという事実がうかがえるはずだ。親会社LVMHのベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長は満面の笑みを浮かべ、初めてショーに連れられてきたティーンのように写真を撮っていた。
 
 クリエイティブというよりはコマーシャルに傾きすぎた感もあり、スリマンのベストかと言われれば疑問が残るコレクションだ。しかし、シーズンを通して見てみれば、「セリーヌ」がメンズファッション界一の大きなビジネスであろうことは否定できない。アルノー会長の嬉しそうな様子にも納得がいく。

 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com