×
掲載日
2019/06/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ メンズ:「ランバン」、ブルーノ・シアレッリ初のメンズは夏のバカンスワードローブ

掲載日
2019/06/24

 「ランバン(Lanvin)」でブルーノ・シアレッリ(Bruno Sialelli)が手掛ける初のメンズウェアコレクションが披露され、サマーバケーション仕様のルックが揃った。

Lanvin - Spring-Summer 2020 - Menswear - Paris - © PixelFormula


  やや風変りながらクールでフランス風の洒脱さを感じさせるコレクションには、創業者ジャンヌ・ランバン(Jeanne Lanvin)へのリスペクトをシュールなタッチで取り入れていた。
 
 会場となったのはパリ19区にあるアールデコ様式のプールで、シンプルなセットは洋服とよくマッチしている。ひとときの間仕事を忘れリラックスできる空間だった。

 オープニングには、ベビーブルーやレモンイエローのブレザーに波のパターンをあしらったものとショーツを組み合わせたルックが登場。クジラやカモメの海らしいプレイフルなプリントが躍るタンクやTシャツも目を引いた。ナイトアウトには、サイドストライプのパンツとターコイズのカマーバンド、シルクのアイゼンハワージャケットという提案が。多くのモデルがストローハットをかぶっていた。

Lanvin - Spring-Summer2020 - Menswear - Paris - © PixelFormula


 ウィメンズでは、貝殻をプリントしたシルクのラップドレス、ストライプのウィンドブレーカードレスに、マリンなパッチワークを施したパーカといったアイテムが並ぶ。
 
 マルセイユ出身のシアレッリだが、ロッククライマースタイルのサンダルやビッグポケット付きショーツなどにそれが表れているようだ。しかし、コレクションの主なインスピレーションはイスラエルへの旅から得たものだという。ミリタリーショーツにアーミーブーツを合わせていた現地の子供に刺激を受けた。
 
 「フレンチスタイルと、大人になりかけの少年、そして彼が夏を楽しんでいる。簡単だよ。それか、南アフリカで1年過ごすヨーロッパの子供ってところかな」とシアレッリ。
 
 また、メゾンのシグネチャーである母と子を象ったマークも目立ったほか、「ランバン」のロゴをビールのラベルやアイスクリームの包装のように変化させたものも。ジュール=フランソワ・クラエ(Jules-François Crahay)がデザイナーだった70年代の「ランバン」からは、ボヘミアンな要素も取り入れた。

Lanvin - Spring-Summer2020 - Menswear - Paris - © PixelFormula


 ピアスやバッグには、ジャンヌ・ランバンの浴室にあったマーメイドモチーフをあしらった。彼女はインテリアデザイナー、アルマン=アルベール・ラトー(Armand Albert Rateau)とコラボレーションしていた。パッチワーク風にっとやケーブルセーター、羊のパターンのロングカーディガンといったニットウェアも充実している。
 
 明るいシュールなシックを夏らしいウェアとして提案してみせたシアレッリ。「この仕事は好きだよ。でも、やっぱりバカンスが人生で最高のものじゃないかな!」と笑った。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com