×
26
求人
L'OREAL GROUP
Japan Sales Representative (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Data Strategy Director/Manager (Cdo)
正社員 · Tokyo
NIKE
HR Manager
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Part Time Educator | Roppongi
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator Factory Outlet | Gotemba Premium Outlet
正社員 · Shizuoka
LULULEMON
Educator | Add Store Name Here
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan E-Commerce Customer Care Agent
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Finance Accountant
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Consumer Market Intelligence Researcher
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital & Social Specialist (Cdo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Oms(Order Management System) Expert
正社員 · Tokyo
NIKE
Senior Director, Nddc And Connected Marketplace - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Sports Marketing Account Specialist
正社員 · Tokyo
NIKE
Talent Acquisition Manager, Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - App Localization Specialist
正社員 · Tokyo
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
L'OREAL GROUP
Japan cx Manager / Specialist
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator (Part Time) | Tokyo Roppongi Hills
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator (Full Time) | Tokyo Roppongi Hills
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator | Ginza Six
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator | Ginza Six
正社員 · Tokyo
掲載日
2019/09/26
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリFW:クリスチャン・ラクロワが「ドリス ヴァン ノッテン」にサプライズで登場

掲載日
2019/09/26

 今シーズンの「ドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)」のショーでは、なんと最後にサプライズゲストとしてクリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)が登場した。2009年以来ランウェイに姿を現すことのなかったラクロワ。両者の協業によるクチュールのエッセンスを盛り込んだコレクションは、オペラ・バスティーユを舞台に披露された。

DVN x CLX, SS 2020 - © PixelFormula


 ショーのフィナーレまで伏せられていたコラボレーションだが、客席には「DVN x CLX」という意味深な文字が。80年代風に高さを出したキャットウォークには、シアトリカルでクチュールライクなルックもいくつか登場し、トレーンを引くフラメンコドレス、ドット使いなど、ドリス・ヴァン・ノッテンには珍しい要素もヒントになっていた。見ごたえのある特別なイベントだ。
 
 オペラ・バスティーユのシンプルな内装にただ白いキャットウォークが伸び、端にはピアノが設置されていた。ピアニストが演奏を始めると、たちまち沈黙が広がる。

DVN x CLX, SS 2020 - © PixelFormula

 
 バックにはシューベルトのピアノ三重奏曲第2番が流れたが、これは今回のインスピレーション源であるスタンリー・キューブリック監督の『バリー・リンドン』へのオマージュだ。

 最初のシルエットはブラックとホワイトのストイックなもので、そこから徐々にパッチワークやフローラル、アニマルモチーフなどカラフルな色使いが増えていく。豪華な素材も目を引いた。鮮やかなブロケード、大きな花が織り込まれたシルク、エンブロイダリーを施したサテンに、ギャザーやフリルをふんだんに盛り込んだバロックなコートやジタンドレスが登場し、ブラックのコートやシンプルなグレーのプルオーバーの肩にもゴールドの刺繍があった。

Christian Lacroix et Dries van Noten - © PixelFormula


 体に巻き付く黒いリボンに、ドレスやバッグ、ヘッドアクセサリーにあしらった繊細なフェザーなど、シンプルなニットやスカート、パンツもリュクスなアイテムと合わせられていた。

 ドリス・ヴァン・ノッテンの「オランダプロテスタント的な厳格さとブルゴーニュ的な絢爛さ」、そしてクリスチャン・ラクロワの燃え上がるようなバロック趣味に南仏の太陽。両者の世界観が見事に合わさった素晴らしいコレクションに仕上がっていた。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com