×
掲載日
2020/02/25
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリFW:「マリーン・セル」、異星のビジョン

掲載日
2020/02/25

 ファッションにおけるフューチャリズムというのは、しばしば「ピエール・カルダン(Pierre Cardin)」や「クレージュ(Courrèges)」といったメゾンの影響から逃れられないものであるが、「マリーン・セル(Marine Serre)」は今のところ、それをクールに昇華できる唯一のデザイナーだろう。異星のビジョンとスタイルを見事に表現してみせた。

Marine Serre - Fall/ Winter 2020 - Paris

 
 宇宙の旅に出た人々が「未来のワームホール」に落ちたというダークで美しいコンセプトのもと、見慣れたものとファンタジーが奇妙に混ざり合った。多くのモデルがサージカルマスクを着けていたが、中でもハウンドトゥース柄のドレスはひと際目を引いた。
 
 フューシャピンクのニットドレス、コットンジャラバ、エコファーのコートなど、よくある素材で革新的なスタイルを作り出している。

 会場となった19区のカルチャーセンター「Cent Quatre」にはインダストリアルなサウンドトラックが流れ、ミラーが設置されていた。ダークではあるがディストピアンな雰囲気はない。
 
 キャスティングもベテランモデルからキッズまで幅広く登場した。今回もキャラクター性豊かなルックが揃い、プリントは「マリーン・セル」を代表する三日月モチーフだ。
 
 「Mind, Melange , Motor」と題されたコレクションは、奇妙で奇抜だが、同時に美しいファッションの表現となっていた。そしてパリがファッションの中心たる所以を思い出させてくれた。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com