×

パリFW:「シャネル」のモダンでパリジェンヌな"銃士"スタイル

掲載日
2020/03/03
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「シャネル(Chanel)」は、イージーで自信に満ちたアティチュード、スタイリッシュな疾走感で、若々しいコレクションを披露した。パリシックなショーとなった。

Chanel - Fall-Winter2020 - Womenswear - Paris - © PixelFormula

 
 新型コロナウイルスの暗い影が落ちるファッションウィークの締めくくりに、皆が待ち望むオプティミズムを感じられるランウェイだ。
 
 ジャック・ドゥミ(Jacaues Demy)監督の『ロバと王女』のサウンドトラックで幕を開けたが、コレクションのキーとなったのは銃士風のジョッパーズパンツとパイレートブーツだった。

 今回はメゾン初のライブ配信も行われたが、ショーの前のティーザー動画もよく出来ていた。イネズ& ヴィノード(Inez & Vinoodh)が手掛けた映像には、パリの芸術橋に佇むリアン・ヴァン・ロンパエイ(Rianne Van Rompaey)とマーガレット・クアリ―(Margaret Qualley)の姿がフィーチャーされている。
 
 リアン・ヴァン・ロンパエイがオープニングを飾り、ライムグリーンのスリーピーススーツとブーツを纏って登場した。隣には、ブラックのアンサンブルに身を包んだヴィットリア・チェレッティ(Vittoria Ceretti)が並ぶ。ジョッパーズパンツの裾のボタンは開き、ノーカラージャケットの下にはパールをあしらったレースのトップを合わせていた。この後も、二人組、三人組で現れたモデルたちは、談笑しながらキャットウォークを歩いた。

Chanel - Fall-Winter2020 - Womenswear - Paris - © PixelFormula


 シルクのボレロに、ストラップレスのスリップドレス、ウールツイードで仕立てたダブルのコートドレス、ジョッパーズとシルクのジョッキーなどが目を引く。他にも、ラペルの大きなダブルジャケットや、パッチポケットをつけたピーコートといったジャケット類も目新しいアイテムだ。
 
 どのルックにも、モザイクカラーのクロス、イヤリング、ネックレス、ブレスレットと、ビザンチン風モチーフのジュエリーを合わせていた。
 
 「ロマンチックでイージー、パリジェンヌよ」とクリエイティブディレクターのヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)。ショーの後のバックステージではリラックスした様子を見せた。
 
 ランウェイの床にはミラーが敷かれ、ドライアイスの煙が漂う。2600人もの招待客はスロープ状に配置された客席で快適に座ることができた。後半にはクロード・シャブロル(Claude Chabrol)監督の『女鹿 』からのサウンドトラックが流れ、会場は一気にドラマティックな雰囲気に。
 
 しかし、ルーズなヘアやナチュラルなメイクアップ、モデルたちのリラックスして微笑む姿など、コレクションは一貫してノンシャランなムードを保っていた。
 
 「ココ・シャネル(Coco Chanel)は、ロマンティカという名前の競走馬を持っていたわ。知ってた?」とヴィアールは笑う。
 
 コレクション構想の出発点について聞かれると、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)とイタリアのファッションエディター、アンナ・ピアッジ(Anna Piaggi)の写真をスマートフォンに表示した。ラガーフェルドはパイレートブーツを履いている。「ここから始めたの!」。

 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com