×
掲載日
2019/06/04
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パルコ×Campfire/渋谷にwebとリアルをつなぐショールーム開設

掲載日
2019/06/04

 Campfireとパルコは6月4日、共同運営店舗「Booster Studio by Campfire (ブースタースタジオ バイ キャンプファイヤー)」を今秋「新生渋谷Parco」にオープンすると発表した。

Booster Studio by Campfire


 また、同日より「Booster Studio by Campfire」への出展希望者向けに申し込み受付を開始した。
 
 「Booster Studio by Campfire」は、Campfire社とパルコが共同運営するクラウドファンディング「Booster」を通じ生まれた、ユニークなデジタル製品、テクノロジー、アイデアなどを展示する常設型ショールームストア。

 クラウドファンディング「Booster」との連携により、来店客がオンライン上で展示製品に対しフィードバックを届けることができる。
 
 店舗スタッフと来店客の対面でのコミュニケーションによる意見交換も可能となり、Webとリアルを掛け合わせたテストマーケティングやプロモーションの機会を出展メーカーに提供する。
 
 主にプロトタイプ、実証実験、テストマーケティング段階の製品に広くフィードバックを得られる機会を提供することで、少量多品種の製品の改善や新商品の開発のみならず、実店舗の出店など次の流通戦略の策定などに活用できる場所を目指す。

「Abeja Insight for Retail」導入


 さらに、Abejaの人工知能を活用した店舗解析サービス「Abeja Insight for Retail」を導入。
 
 来店客の属性や展示製品に関心を寄せた人数、店舗内の行動パターンなどの回遊データを出展メーカーに提供し、それらを基に柔軟に展示内容の調整などが可能となっている。
 
 一回の展示期間を1カ月単位にて受付けており、国内外ハードウェアスタートアップ企業、国内外の大企業メーカー、デジタルコンテンツ・エンタテイメント企業、個人や少人数でのデジタル製造を行うクリエイターなどを対象とする。
 
 出展希望多数の場合は内容審査のうえ抽選となる。出展にあたりクラウドファンディングの実行は必須ではない。
 
 ただし、Campfire社運営サービス以外でのクラウドファンディング実行中のものは受付できない。
 

■出展申込み方法
申し込みフォーム



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com