×
By
fashionsnap
掲載日
2018/01/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ヒノキ、クスノキ、ヒバの天然オイルを使った新フレグランスブランド「キトワ」がデビュー

By
fashionsnap
掲載日
2018/01/15

 日本香堂から、日本の伝統的な樹木「ヒノキ」「クスノキ」「ヒバ」の天然オイルをベースに開発した新ファインフレグランスブランド「キトワ(Kitowa)」がデビューした。全国の直営店舗および全国有名百貨店、ライフスタイルショップ、オンラインショップなどで販売されている。

Kitowa - 画像: 日本香堂


 キトワでは日本のトップパフューマーを起用。最も完成度の高い香水やオードトワレに用いられる高純度のフレグランスを檜、楠、檜葉の天然オイルにブレンドし、凜とした和木の美しい佇まいや森林に広がる瑞々しさを喚起させるような存在感のある香りに仕上げたという。ブランドのロゴやパッケージ、一部のプロダクトおよびリーフレットのデザインはスワ ミヤが手掛けている。
 
 展開アイテムはポーセリンディフューザー(2万円)やポーセリンインセンスプレート(7,000円)、インセンススティック(40本入/5,000円)、リフレッシャーミスト(8,000円)、バスエッセンス(5,000円)。ポーセリンディフューザーやポーセリンインセンスプレートには、400年の歴史を有する肥前吉田焼の「224 porcelain」によるオリジナルの有田焼を採用した。日本らしいものづくりの姿勢で香りの可能性を広げ、今後は海外での展開を目指す。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.