×
130
求人
NIKE
Japan - Team Sales Manager
正社員 · Tokyo
PUMA
HR Business Partnering
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
掲載日
2015/06/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ピッティ・ウオモ、今期は大成功を収める

掲載日
2015/06/22

 伊フィレンツェの展示会「ピッティ・ウオモ(Pitti Uomo)」が大盛況のうちに幕を閉じた。天候にも恵まれ、来場したバイヤー数は5%も増加。大成功と言える結果で締め括られた4日間は、メンズのマーケット全体にも明るい展望をもたらした。

Pitti Immagine


 ピッティ・ウオモは今期で第88回目となる。2016年春夏コレクションを求めて、今年は2万人以上のバイヤーが訪れた。「過去の春夏シーズンと比べても最大の成功だ」と主催者は語る。

 来場者に特に評判が良かったのは、豊富なプログラム内容だ。モスキーノのスペシャルイベントをはじめ、アーサー・アルベッセ(ARTHUR ARBESSER)やトーマス・テイト(Thomas Tait)など話題のアフリカンデザイナーを集めたショーが注目された。

 「国内外から訪れたバイヤーからは非常に好評で、来場者も出展者もインターナショナルな色が濃くなってきている」――運営団体のCEO、ラファエロ・ナポレオーネ(Raffaello Napoleone)氏はこう付け足した。

 今シーズン、新規出展の要請は500社以上にも上り、実際に受け入れられたのは264社だった。その半分は外国のブランドだという。

Pitti Immagine

 
 「商品やデザインの面だけでなく、展示方法でも様々な工夫を凝らすブランドが増えてきている。小さな企業でも、新しい発想と絶えず進化し続けることがビジネスの鍵だ、という自覚がある」。

 特に今回は、各スタンドがユニークで完成された装飾を施し、ブランドの存在感をアピールしていた。その様は、画一化された商業展示会というよりは、さながらデザインブティックの品評会のよう。

 「ピッティ・ウオモの会場では、至るところにファッションを感じることができる。コンテンポラリーで革新的なブランドと、イタリアの伝統的なテイラード文化の完璧な融合だ。コペンハーゲンやNY、パリでも、ここまで完成された展示会は見当たらないだろう」と語るのは、ベルリンのセレクトショップVoo Storeのバイヤー兼クリエイティブディレクター、ヘルベルト・ホフマン(Herbert Hofmann)だ。今シーズン、初めてフィレンツェを訪れた。


Pitti Immagine


 主催者の公表した情報によると、イタリア人バイヤーが4%増えたほか、国外からのバイヤーは6.5%増加し、合計で8200人に上ったという。

 内訳としては、ヨーロッパが最も高い増加率を見せ、フランス(+23%)を筆頭に、ドイツ(+20%)、オランダ(+18%)、スペイン(+15%)そしてスイス(+15%)と続く。また、北欧でも顕著な増加を見せる国があり、50%以上の増員数となった。

 ロシアとウクライナからのバイヤーが減少したほか、韓国や香港もやや右肩下がりの傾向を見せたが、イギリスやアメリカ、中国は安定している。さらに、日本からのバイヤーは3%増加しており、その他トルコ、インド、中東、台湾のバイヤー数も上向きだ。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com