×
掲載日
2013/11/06
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ファストリ傘下コントワー・デ・ コトニエ&プリンセス タム・タムのCEOに、ナンシー・ペドット氏が就任

掲載日
2013/11/06

 ファーストリテイリンググループは11月5日、「Comptoir Des Cotonniers(コントワー・デ・ コトニエ)」事業と「Princesse tam.tam(プリンセス タム・タム)」事業の新CEOにNancy Pedot(ナンシー・ペドット)氏が就任したことを発表した。9月に退任したElisabeth Cunin(エリザベト・クナン)氏の後任として、両事業を引き継ぐ。

PrincesseTamTam.com



 ナンシー・ペドット氏は両事業のCEO職に加え、ファーストリテイリンググループのグループ執行役員も務める。同氏は、米国の子供服チェーンGymboree Corporationと雑貨小売チェーンThe Party City CorporationのCEOを務めていた。また、北米で発行されている事業主・中小企業向けの月刊誌『Inc.』で「年間最優秀経営者」に選ばれたほか、ビジネス誌『Businessweek』の表紙を飾った経験もある。

 「コントワー・デ・ コトニエ」は現在、本国フランスをはじめ、欧州や日本に計383店舗を展開。日本では47店舗が展開されている。春夏コレクションの売れ行きが好調だったことから、堅調な成長を続けている。

 「プリンセス タム・タム」は約150店舗の単独店を展開。複数ブランド店舗などの販売拠点は40カ国、約1000カ所に上る。日本では昨年、銀座に店舗をオープンしている。

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com