×
掲載日
2016/10/13
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ファストリ、16年8月期は大幅な減益 20年度売上目標は3兆円に引き下げ

掲載日
2016/10/13

 ファーストリテイリングが10月13日に発表した16年8月期決算は、売上高が6.2%増の1兆7864億円、営業利益が22.6%減の1272億円、純利益が56%減の480億円となった。米国および国内「ユニクロ(Uniqlo)」店舗の損失や円高が影響した。

uniqlo


 上期は国内粗利益率低下、グレーターチャイナ、韓国、米国での不調による減益が目立ったが、下期には国内・海外双方の「ユニクロ」事業が回復したほか、経費削減対策の影響で、営業利益は94.3%増と大幅な増益に転じた。
 
 国内「ユニクロ」事業の8月期売上高は2.5%増の7998億円、営業利益は12.6%減の1024億円。上期には暖冬により冬物衣料が苦戦したものの、下期にはトレンドの新商品や機能性素材を使用したスポーツキャンペーン商品が好調で、通期の既存店売上高は0.9%増となった。また、価格設定を見直したことで、下期の売上総利益率は改善されたという。
 
 第2四半期に売上構成比5.6%にまで拡大したEC事業は通期で好調に推移し、30.1%の増収を記録。グループは中期目標の一環としてもEコマース事業の拡大を掲げており、将来的には売上構成比の30%を目指す。

 海外「ユニクロ」事業は、売上高が8.6%増の6554億円、営業利益が13.7%減の374億円で、やはり増収減益に。しかし、下期には営業利益15倍と大幅な増益に転じている。
 
 グレーターチャイナでは暖冬の影響や景気低迷の影響もあり上期は減益となったものの、下期は大きく伸びた。グレーターチャイナの通期業績は、売上高9.3%増の3328億円、営業利益は5.5%減の365億円。
 
 東南アジア・オセアニア地区および欧州は通期で増収増益を達成している。 「ユニクロ」事業の立て直しを図ってきた米国市場は、赤字幅が拡大した上期から、下期に関しては改善が見られたものの、店舗の現存損失、除却損、閉店損などを計上した結果、営業損失は前期比で拡大。
 
 16年8月期、海外出店を加速させた「ユニクロ」は、15年10月にはベルギー、16年9月にはカナダへそれぞれ初出店を果たしたほか、16年3月、9月と、それぞれ英国、シンガポールにグローバル旗艦店もオープンしている。期末時点の海外「ユニクロ」事業の店舗数は、前期末比160店舗増の958店舗に達した。今後も出店を継続すると共に、世界主要都市にグローバル旗艦店や大型店を展開していく。
 
 グローバルグランド事業の通期業績は、売上高が11.3%増の3285億円、営業利益は「J Brand」事業の現存損失を計上したため34%減となった。
 
 「ジーユー(GU)」事業は特に好調で、通期の売上高32.7%増の1878億円と大きく成長。営業利益も34.8%増の222億円と、大幅な増収増益を達成した。16年8月期末の「ジーユー」店舗数は、海外10店舗を含めて350店舗となっている。「グループ第二の柱」となった「ジーユー」事業の拡大には今後も注力する方針で、国内市場は勿論、海外市場への出展も加速し、中期目標として売上高1兆円を目指す。
 
 その他、「セオリー(Theory)」事業は増益となったが、「コントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)」、「プリンセス タム・タム(Princesse tam.tam)」、「J Brand」は赤字が継続した。
 
 17年通期業績予想については、売上高3.6%増の1兆8500億円、営業利益37.5%増の1750億円、そして純利益は108.1%増の1000億円を見込む。
 
 また、中期目標としては、引き続き「世界No.1のアパレル情報製造小売業になる」を掲げつつ、当初の5兆円としていた2020年度の売上高を3兆円へと引き下げた。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com