×
532
求人
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Ysl)
正社員 · Tokyo
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Advertising
正社員 · 東京都
コンデナスト・ジャパン
Corporate Branding Manager (or Senior Manager)
正社員 · 東京都
FENDI
Supply Chain & Logistics Director
正社員 · 東京都
バーバリー・ジャパン株式会社
Customer Fulfillment Assistant Manager 募集
正社員 · 東京
FENDI
Digital Marketing Manager
正社員 · 東京
SHIPS
商品ロジスティック部門 物流担当スタッフ
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
リーフレット・ノベルティ・パッケージ等販促物の企画制作(正社員)
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Digital Marketing Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Head of E-Commerce & CRM Japan
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Sales Representative
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Brand Merchandising Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Merchandising Specialist
正社員 · 東京都
COACH
Manager, Retail Customer Engagement
正社員 · 東京都
COACH
Assistant Manager, Talent Cquisition
正社員 · 東京都
BAYCREW'S GROUP
バイヤー(レディース/Noble)
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
バイヤー(レディース/Plage)
正社員 · 東京
ADIDAS
Manager, Group Procurement
正社員 · 東京都
BAYCREW'S GROUP
マーケティングプランナー
正社員 · 東京
SHIPS
海外インポート・バイイング商品の輸入管理 担当スタッフ
正社員 · 東京都
SHIPS
Ships Any(新業態) Mensバイヤー担当
正社員 · 東京都
BAYCREW'S GROUP
人事労務担当
正社員 · 東京都

ファッションウィーク総括:2020年春夏メンズトレンド

掲載日
today 2019/06/25
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ロンドン、フィレンツェ、ミラノ、パリと主要都市の2020年春夏メンズファッションウィークが終了した。クラシックなワードローブやテーラードは、より自由でリラックスしたムードで復活。さらに、温暖化の影響か、猛暑を想定した着こなしも目立った。
 
 
1)  素肌に纏うセットアップ


Givenchy SS 2020 - © PixelFormula


 スーツは来夏も鍵となるアイテムだが、よりリラックスした着こなしにアップデートされている。柔らかなシルエットやナイロンなどの軽い素材使い、くすんだ色やペールカラーの単色ルックなどが特徴だ。しかし中でも目についたのは、素肌に直接セットアップを纏うという着こなしだった。もう少しストリートなバージョンでは、中にフーディーを着せるブランドも。
 

2) ネクタイ 

Acne Studios SS 2020 - © PixelFormula


 ネクタイもマストハブな小物として浮上している。やはり従来よりカジュアルに、首の周りにただ垂らしたり巻いたりという取り入れ方が正解だ。透明のPVCで仕立てた「アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)」のように意外性のある素材や柄も目立った。


3) ミリタリー

Marni SS 2020 - © PixelFormula


 ここ数シーズン続いたミリタリーは引き続きトレンドに。カーキやゴールドボタンのオフィサージャケットといった要素はもちろん、カモフラージュ柄が様々なランウェイに登場した。フラワーやボタニカルモチーフと混ぜ、アーティだったり牧歌的だったりと進化形カモフラージュに注目だ。
 

4) タイダイ

A-Cold-Wall SS 2020 - © PixelFormula


  こちらも引き続き人気継続中のタイダイは、やはり進化を遂げてトレンドに躍り出た。70年代やボヘミアンというよりは、カモフラージュやグラデーションに溶け込む形で取り入れたアイテムが目につく。また、変わった素材に敢えてタイダイを施す試みも。

 
5) ドレス


Craig Green SS 2020 - © PixelFormula


 メンズのワードローブにもドレスが浸透し始めている。パンツと合わせてチュニックのように着るライトなものや、シャツドレス、あるいは「ヴェトモン(Vetements)」で見られたマキシポロシャツのような形態など様々だ。この数年でポピュラーになりつつあるユニセックススタイルの延長と言えるだろう。
 

6) クロスボディポシェット


Valentino SS 2020 - © PixelFormula


 コンフォートな洋服に合わせ、荷物に動きが束縛されない工夫も加わった。アイウェアケース、財布、マイクロバッグ、ポーチサコッシュなどを斜め掛けするスタイルが様々なランウェイで見られた。人気のボディバッグも来夏はビッグサイズに。シャツやジャケットとクロスボディポーチの柄を合わせた「ヴァレンティノ(Valentino)」、「MSGM」のような提案も面白い。
 

7) ナイロン

Vetements SS 2020 - © PixelFormula


 テッキーな素材がコレクションを席巻し、特にウィンドブレーカーはあちこちに登場。ジャケットからシャツ、ショーツ、パンツとあらゆるアイテムに風をはらむ薄いナイロンが用いられていた。
 

8) ジャングル&トロピカル

Dries Van Noten SS 2020 - © PixelFormula


 ジャングルや熱帯からのインスピレーションが豊作だった今シーズン。レオパードはもちろん、ゼブラ、タイガーなどアニマルモチーフや、トロピカルでエキゾチックなな花や草木のプリントが多く見られた。
 

9) パンチングニット

Fendi SS 2020 - © PixelFormula

 
  穴の開いたニットが来夏のキーアイテムになりそうだ。涼し気であるだけでなく、セクシーでセンシュアルなムードをメンズワードローブにプラスしてくれる。
 

10) サロート

Lanvin SS 2020 - © PixelFormula


 年々暑くなる夏に備えて、薄着のルックが増えている。ビーチの装いがそのままランウェイに登場したようなものも目立ったが、中でも小物としてはパレオやサロートのような"バスタオル"がイン。「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」、「ルドヴィク・ドゥ・サン・セルナン(Ludovic de Saint Sernin)」のほか、「パルジレリ(Pal Zileri)」では白いシルクジャケットの下にパンツ代わりに合わせられていた。また、「ランバン(Lanvin)」はタオル地のドレスのようなアイテムを提案。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com