×
By
fashionsnap
掲載日
2021/04/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ファッション業界にもNFTの波?日本初のバーチャルスニーカーが誕生 価格は約118万円

By
fashionsnap
掲載日
2021/04/20

 AIや3Dテクノロジーを駆使したバーチャル・ヒューマンで知られるワンセック(1SEC)が立ち上げたデジタルファッションレーベル「ワンブロック(1Block)」が、コレクタブルバーチャルスニーカーを発売する。販売期間は4月22日20時から28日19時59分まで。NFTマーケットプレイスの「ラリブル(Rarible)」と「オープンシー(OpenSea)」で販売される。



 NFTとは「非代替性トークン(Non-fungible token)」の略称で、ブロックチェーン技術を活用することでコピーできないデジタルデータを作成することができる。近年では、AIロボット「ソフィア」によるNFTのデジタルアート作品が約75億円で落札されるなど、アート市場で注目を集めている。

 「トリビュートブランド(TRIBUTE BRAND)」のサイバードレスなど、ファッション業界にもバーチャルウェアは方々で見られたが、NFTでの販売は数が少ないのが現状。バーチャルスニーカー市場は北米を中心に盛り上がりを見せており、バーチャルスニーカーブランド「RTFKT」は7分間で310万ドル以上(約3億3000万円)の売上を達成した。

 今回発売されるバーチャルスニーカー「AIR SMOKE 1™」は、ヒッピームーブメントから着想を得ており、カラーにはダイバーシティな価値の象徴であるレインボーを採用。ソールからは、非現実的なスモークが流れ出るデザインになっている。発行数はそれぞれ1データずつで、価格は5イーサリアム、日本円で約118万円(4月20日19時30分現在)。

■AIR SMOKE 1™:特設サイト
販売期間:2021年4月22日(木)20:00〜28日(水)19:59
販売ページ:RaribleOpensea

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.