ファーストリテイリング フランス:希望退職者を募集予定

 ファーストリテイリング フランス(Fast Retailing France)、および展開ブランド「コントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)」、「プリンセス タム・タム(Princesse tam.tam.)」のフランスにおける人員整理が進んでいる。ファーストリテイリング フランス社は希望退職計画について、労働組合の代表と「完全な合意」に至ったと話した。

AW 2018 - Comptoir des Cotonniers

  「今回の合意は、労働局からも例外なしの承認を得ている」と同社。
 
 「今後数ヵ月間に渡って、希望退職者を募る段階に入る」とされており、上記2ブランドの本社に勤務する従業員のみが対象となる。約300名が働いているが、うち50人ほどの解雇が予定されている。人員整理計画についてそれ以上の具体的な要素は明かされていない。
 
 「コントワー・デ・コトニエ」を2005年に、「プリンセス タム・タム」を2006年に買収したファーストリテイリングだが、2015年にはすでに両者とも再編の対象となっていた。ブランド別の業績は公表されていないが、2018年8月期上半期には、「コントワー・デ・コトニエ」事業に関わる減損損失が営業損失に影響しており、「プリンセス タム・タム」の赤字が継続していると発表されている。
 
 今回は店舗の従業員を対象としたものではないが、実際、「コントワー・デ・コトニエ」は2015年の375店から342店へ、「プリンセス タム・タム」も3年前の152店から131店へと、展開店舗数も縮小傾向にあるのは事実だ。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ランジェリースイムウェアビジネス
新規登録