×

ファーストリテイリング/医療用ガウン20万点「機能性肌着」寄贈

掲載日
2020/04/30
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ファーストリテイリングは4月30日、新型コロナウイルス感染症対策への緊急支援として、アイソレーションガウン20万点とユニクロの機能性肌着「エアリズム」を、国内の医療機関向けに寄贈すると発表した。

Image: Uniqlo


 医療現場で使用できる防護具の一種であるアイソレーションガウンは、中国の自社取引先工場から調達。東京、大阪、神奈川など感染者数が多く報告されている都道府県と日本看護協会を通じて、新型コロナウイルス感染症に対応する全国の基幹病院などに寄付する。

 5月中旬を目途に、都道府県に提供できる見込みだという。

 ユニクロの機能性肌着「エアリズム」は、すでにヨーロッパや東南アジア各国で、現地法人を通じて医療機関などに寄贈しており、防護服やガウンの下に身に着けることで、蒸れなどによる医療従事者の肉体的負担を緩和できるといった声が寄せられている。

 このため今回、緊急支援の一環として、都道府県を通じて全国の新型コロナウイルス感染症に対応する医療機関に提供するもの。

 世界の医療機関と地域コミュニティへの支援として、同社は3月26日、新型コロナウイルス感染症対策支援として国内外の医療機関などへ医療用を中心にマスク1000万枚を無償で提供することを表明した。

 これまでに日本をはじめ世界19の国と地域への提供が確定。日本では、4月中旬に第一弾となる約35万枚を政府のマスクチームに寄贈済みで、5月中旬までに計100万枚超の提供が完了する予定だ。

 また、事業を展開する17の国と地域で、現地法人を通じて、医療機関や、ホームレス、ドメスティックバイオレンス被害者など社会的に脆弱な立場の人たちを支援する団体を対象に、「エアリズム」、「ヒートテック」、ダウンジャケットなどの衣料提供や、NGOなどへの寄付を実施している。



Copyright © 2020 流通ニュース All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com