×
471
求人
BARNEYS NEW YORK
【正】総務スタッフ:本社
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Digital ad Operation Specialist
正社員 · 東京
AESOP
Retail Training & Performance Manager
正社員 · 東京
株式会社サザビーリーグ
販売促進担当(セールスプロモーション担当)Artida Oud(アルティーダ ウード) 
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Group/Senior Product Manager (Ppd, l'Oreal Professionnel)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan CRM Operation Specialist (Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan Brand E-Business Shop-iN-Shop Project Manager(Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
BAYCREW'S GROUP
マーケティング担当(メール/Sns、自社、業界最大級のEcサイト)
正社員 · 東京
AESOP
Marketing Coordinator
正社員 · 東京
CHRISTIAN DIOR
Supply Chain Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Hrコーディネーター(採用中心)
正社員 · 東京
HUBLOT
PR&ad Manager
正社員 · 東京
LVMH WATCH & JEWELRY JAPAN
ロジスティクス プロダクツオペレーション リーダー
正社員 · 東京
ステラ マッカートニー
Logistics Assistant (Import/Export Coordinator)
正社員 · 東京
GUCCI
Financial Controller
正社員 · 東京
KERING
Kering Store Planning Project Coordinator
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo
ADIDAS
Manager, Retail Analyst, Retail Back Office
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager Buying Adidas & License Goods, Buying, Direct to Consumer
正社員 · 東京
ADIDAS
District Manager Field Operations, Retail Operations, Direct to Consumer
正社員 · 東京都

ファーストリテイリング/9~5月海外ユニクロとジーユー好調で増収増益

掲載日
today 2019/07/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ファーストリテイリングが7月11日に発表した2019年8月期第3四半期決算によると、売上収益1兆8228億7700万円(前年同期比7.0%増)、営業利益2476億8800万円(3.7%増)、税引前利益2472億1100万円(4.1%増)、親会社に帰属する当期利益1586億6800万円(7.0%増)となった。

ユニクロ


 9カ月累計の売上収益は1兆8228億円(7.0%増)、営業利益は2476億円(3.7%増)と増収増益となり、過去最高の業績を更新した。第3四半期3カ月間でも増収増益で、海外ユニクロ事業、ジーユー事業の好調な業績が継続した。
 
 国内ユニクロ事業の9カ月累計の売上収益は7010億円(0.5%減)、営業利益は967億円(19.5%減)と、減収減益となった。

 売上総利益率は、上期では暖冬の影響による値引率が拡大したこと、第3四半期では春夏在庫の早期処分により、2.4ポイント低下しました。売上高販管費率は、ICタグ(RFID)の活用により、レジや店舗業務の効率化で店舗人件費比率が低下した一方で、Eコマース販売の拡大や在庫増による物流費比率が上昇したこと、有明倉庫の自動化投資に伴う減価償却費の増加などにより、0.9ポイント上昇した。
 
 第3四半期3カ月間では、既存店売上高(Eコマース含む)は0.1%の減収となったことから、売上収益は、0.5%減となった。
 
 スウェット、UVカット、レギンス、Tシャツなどの販売が好調に推移したものの、「ユニクロ誕生感謝祭」の開催日を6月へ後ろ倒ししたことにより、商売規模の大きな5月の既存店売上高が減収となり、3カ月間でも若干の減収となった。
 
 Eコマース売上高は190億円(16.1%増)で、売上構成比は、前期の7.8%から9.1%へと上昇した。収益面では、春夏商品の在庫処分を早めたことによる値引率の拡大で、売上総利益率は低下、売上高販管費率も上昇したことにより、営業利益は7.5%の減益となった。
 
 海外ユニクロ事業の第3四半期3カ月間の売上収益は2405億円(15.3%増)、営業利益は363億円(14.9%増)と、計画どおりの増収増益だった。
 
 地域別では、グレーターチャイナ、東南アジア・オセアニア地区が2桁の増収増益と、好調な業績が継続した。韓国は若干の減益、米国は赤字幅縮小も、計画を下回った。欧州は減益だった。
 
 9カ月累計の営業利益は1248億円(11.1%増)と、増益基調が続いている。
 
 通期は、売上収益2兆3000億円(8.0%増)、営業利益2600億円(10.1%増)、税引前利益2600億円(7.1%増)、親会社に帰属する当期利益1650億円(6.6%増)を見込んでいる。



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

こちらもどうぞ