×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

フィロソフィの新クリエイティブディレクターにロレンツォ・セラフィニが就任

By
fashionsnap
掲載日
today 2014/10/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「Philosophy(フィロソフィ)」の新クリエイティブ・ディレクターに、Lorenzo Serafini(ロレンツォ・セラフィニ)が就任した。Lorenzo Serafiniは「Robero Cavalli(ロベルト カヴァリ)」や「Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)」などで経験を積んだ男性デザイナーで、2015年2月のミラノ・ファッションウィーク期間中、同氏による新生「Philosophy」のランウェイデビューが予定されている。


 現在41歳のLorenzo Serafiniは、ミラノのNaba-Nuova Accademia Di Belle Artiでファッションデザインプログラムを修了した後、「Robero Cavalli」のウィメンズのリードデザイナーとしてキャリアをスタート。その後、「D&G」のリードデザイナーを経て、直近までは「Dolce&Gabbana」でウィメンズのリードデザイナーを務めていた。

 Lorenzo Serafiniによる「Philosophy」のファーストシーズンは2015‐16年プレフォールコレクションで、同氏は今回の就任を受けて「フィロソフィは、深くて刺激的な考えやアイディアによって定義されたポジティブなブランド。私は自分自身の美意識を探り、新しいファッションを表現する機会を持つことができ、とても幸せ」とコメントを発表。「Moschino(モスキーノ)」や「Alberta Ferretti(アルベルタ・フェレッティ)」なども傘下に収めるアエッフェ社のMassimo Ferretti(マッシモ・フェレッティ)CEOは、「この任命により、私たちが数シーズンの間に始めたブランドの創造的な再編成の旅は強化されるだろう。それはグループの将来を成功に導くための必要な旅となる」と語っている。

 「Philosophy」の前クリエイティブ・ディレクターNatalie Ratabesi(ナタリー・ラタベージ)は、2015年プレフォールコレクションから「Vince(ヴィンス)」のクリエイティブ・ディレクターに就く予定だ。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.