×
By
fashionsnap
掲載日
2020/09/07
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

フェンディが東京藝術大学とコラボ 渋谷スカイとGinza Sixから演奏会を配信

By
fashionsnap
掲載日
2020/09/07

 「フェンディ(Fendi)」が、東京藝術大学とのストリーミング特別演奏会「フェンディ ルネサンス - アニマ・ムンディ(Fendi Renaissance – Anima Mundi)」を9月6日に開催した。

Image: Fendi


 「アニマ・ムンディ」はコロナ禍の中、本拠地ローマで発足したワールドワイドプロジェクトの第3弾。演奏会名は、「すべての形ある生命体はひとつに結びついている」とする哲学思想の「宇宙霊魂」に由来し、演奏会を通して「アートとファッション、そして音楽を通じた再生」という前向きなメッセージを発信する。

 フェンディは、2013年に開催したエキシビション「Fendi-Un Art Autre 〜フェンディもうひとつのアート、クリエイションとイノベーションの軌跡〜」以降、東京藝術大学への支援を継続的に行ってきた。今回の演奏会では、在校生でバイオリニストの荒井里桜と卒業生でサクソフォン奏者の上野耕平が、フェンディの2020年プレフォールコレクションを着用し出演。都内を一望できる「渋谷スカイ(Shibuya Sky)」と、Ginza Sixの屋上庭園「Ginza Six Garden」の2会場で、「ウィリアム・テル序曲(William Tell Overture)」のフィナーレを演奏した。演奏会の様子は、フェンディ公式サイトや、東京藝術大学の公式サイトなどでイベントの様子が配信されている。


 


 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.