×
By
fashionsnap
掲載日
2016/02/28
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

フェンディの"ゆるキャラ" フロントロウでショーを観覧

By
fashionsnap
掲載日
2016/02/28

 「フェンディ(Fendi)」が、ミラノファッションウィークで2016-17年秋冬コレクションを発表した。会場には「フェンディ」のキャラクター「フェンディルミ」が登場。デザイナー カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)による最新コレクションをフロントロウで観覧した。

フェンディの"ゆるキャラ" フロントロウでショーを観覧


  「フェンディルミ」ことバグくんとピロちゃんは、日本上陸50周年を記念して銀座に出店した巨大ポップアップストア「Fendi Ginza」のオープン時に初登場。世界的にヒットし続けている「バッグ バグズ」を実寸大にしたキャラクターで、ブランドのアイコンでもあるファーで全身が覆われている。
 
 「フェンディ」は2016-17年秋冬コレクションのショー開催前に、インスタグラムを通じてスペシャルゲストが登場することを告知。当日はショーに訪れたメディアやセレブらのsnsから、実際に現場に現れた彼らを収めた写真が多数発信された。また、ショーと連動してオンラインサイトでは2人をモチーフにしたスペシャルチャームの先行予約を開始。いずれもミンクファーを使用したイタリア製のチャームで価格は税込195,480円。

 なお、2人はショーの後、カール・ラガーフェルドやインスタグラム社のエヴァ・チェン(Eva Chen )、モデルのケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)らファッション界の大物と写真撮影。スペシャルゲストとしてファッションウィークを楽しんでいたようだ。


Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.