×
553
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

フラワーがコンセプト「ロエベ展」が日本橋三越本店で開催、スティーヴン・マイゼルの写真展示も

掲載日
today 2017/02/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「ロエベ(Loewe)」が、期間限定イベント「ロエベ展」を2月15日の今日から日本橋三越本店で開催している。コンセプトは「フラワー(Flower) 」で、店内では2017年春夏コレクションがそろう他、コレクションのデザインソースにもなったスティーヴン・マイゼル(Steven Meisel)が撮り下ろした花の写真を展示。期間は2月20日まで。

会場の様子 - Fashionsnap


 「ロエベ展」は、2016年秋にスペインにオープンした旗艦店「カサ ロエベ マドリード」に隣接するフラワーショップの世界観を表現し、英国のフラワーデザインの先駆者コンスタンス・スプライ(Constance Spry)の人生と作品にインスパイアされたスティーヴン・マイゼルの作品「Flowers」を展示。またスペインから来日したアイコンバッグ「パズル」と「ハンモック」の製造管理監督ヘマ・グティエレス・リベロ(Gema Gutierrez Rivero)などアルチザンによるバッグ製作のデモンストレーションと、対象商品のイニシャルスタンピングサービスも行われている。
 
 店内では、バッグを中心にウエアやシューズなどがそろい、170周年を記念して制作された限定カレンダーも取り扱われている。新作として、80年代に発表された「バルセロナ」コレクションの「カプリチョバッグ」をベースに新しくデザインした「バルセロナ バッグ」や、アイコンバッグとなった「パズル バッグ」の新色となるパステルカラーコレクションを展開。ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が初めてバッグに柄をプリントした「ローズコレクション」がそろう他、新作のウォレットやカードケースの世界先行販売も行われている。


■ロエベ展
期間:2017年2月15日(水)〜2月20日(月)
時間:10:30〜19:30(※最終日は18時終了)
場所:日本橋三越本店 本館7階 催物会場
 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.