×
572
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

フルラジャパン新社長に元日本トイザらス社長のディーター・ハーベル氏が就任

掲載日
today 2019/09/02
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「フルラ(Furla)」を日本で展開するフルラジャパンの代表取締役社長に、ディーター・ハーベル(Dieter Haberl)氏が9月1日付で就任した。

フルラのブランドロゴ


 同氏は1962年生まれ、オーストリア出身。アメリカのミシガン州にあるレイクスーペリア州大学で経済学と経理学の学位を取得した後、アリゾナ州サンダーバードグローバル経営大学院で国際経営の修士課程を修了した。1990年にコカ・コーラ社に入社し、ドイツと日本で勤務した後、2001年にバイスプレジデントに就任。その後はギャップジャパンCFO、リーボックジャパン社長、ラコステジャパン社長を歴任し、2017年9月から今年4月まで日本トイザらス社長を務めていた。
 
 フルラジャパンでは2014年9月から今年4月まで、ギャップジャパンやコーチ・ジャパンなどを渡り歩いた倉田浩美氏が代表取締役社長に就任。同社初の日本人社長として日本市場の成長に大きく牽引した。同氏の退任後は本国でCEOを務めているアルベルト・カメルレンゴ(Alberto Camerlengo)氏が暫定的に同職を兼任していた。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

こちらもどうぞ

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right