ブラは全35サイズの充実展開、NY発の新ランジェリー「Cuup」がデビュー

 ニューヨーク発のランジェリーブランド「Cuup」がデビューした。11月1日のローンチに先駆けて、人気モデルのカミーユ・ロウ(Camille Rowe)らが同ブランドのキャンペーン写真をインスタグラムに投稿し注目を集めていた。通常の下着ブランドの約2倍にあたる充実した35サイズ展開で、あらゆる女性の胸にフィットするブラを展開する。


 Cuupでは、The Scoop、The Balconette、The Plunge、The Demiの4つのデザインを、全35通りのサイズでラインナップ。7つのカップ(A〜G)を5つのバンドサイズ(30・32・34・36・38)で展開している。

 デザイン面では、伸縮性のある軽い素材を採用し、着心地の良さや自然なシェイプを追求。分厚いパッドは入れず、シンプルでモダンなデザインに仕上げた。価格はブラが68ドル、パンツが18ドルで、11月1日から公式ECサイトで販売している。

 立ち上げのきっかけは、創業者のAbby MorganとLauren Cohanが感じていた、ランジェリー市場における限られたサイズ展開に対する不満。多くのランジェリーブランドでは10〜20通りほどの限られたサイズ展開となっているため、米国では約80%の女性が自分に合っていないサイズのブラを着用しているという。幅広いサイズ展開にこだわり立ち上げられたCuupでは、多くの女性が自分の胸にあったブラを見つけられるよう、ブラを購入した際の送料・返品は無料となっているほか、カップサイズの正しい測り方やフィット感のチェック方法を紹介する動画を公式サイトで公開している。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ランジェリーリテール
新規登録