プラダ財団、写真家・藤原聡志の企画展「EU」をミラノで開催

 プラダ財団が、写真家・藤原聡志の企画展「EU」をミラノの展示施設「オッセルヴァトリオ(Osservatorio)」でスタートした。会期は6月7日から10月15日まで。

藤原聡志の写真展「EU」 - Courtesy Fondazione Prada

 藤原聡志は1984年神戸生まれ。大阪芸術大学でビジュアルコミュニケーションデザインを学び、東京でグラフィックデザイナーとして活動。2012年にベルリンに移住し独学で写真を始め、2014年にジャパン フォトアワードを受賞した。展覧会では、警察官と活動家たちの臨場感あふれる対立を脱構築的に描いた「#R」(2015年〜)をはじめ、「The Friday:A Report on a Report」(2015年)や「Police Brutality」(2015年)「Venus」(2016年〜)「Continent」(2017年〜)「Animal Material」(2016年〜)「Mayday」(2015年)「Scanning」(2016年)「Green Helmet」(2016年)などを展示。また、2016年夏にヴェネツィアのプラダ財団で開催された実験的なメディア研究プロジェクト「Belligerent Eyes」で行われた空間的・建築的介入についてまとめた作品「5K Confinement」が公開される。
 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - その他ラグジュアリー - その他イベント
新規登録