×
掲載日
2020/05/29
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

プラダ、5月に中国で10%の増収 欧州は停滞続く

掲載日
2020/05/29

 「プラダ」は、5月の中国での既存店売上高が10%以上増加したという。

Prada - Spring-Summer2020 - Womenswear - Milan - © PixelFormula


 グループ共同CEOのパトリツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)がブルームバーグに語ったところによると、同国では「相当な」増収となったという。
 
 一方で、欧州諸国での低迷が続くなか、全体として完全な回復が実現したとは言い難いとも補足した。

 「ヨーロッパ市場は観光に大きく依存している」と同氏。「ワクチンが開発されば観光産業も回復するだろう」と話すが、ワクチンの開発は早くても今年の秋以降になると言われている。
 
 しかし、上場廃止といった抜本的な措置をとる予定はなく、世界的な需要の回復を待つと楽観的な姿勢を示している。
 
 「我々がなすべきは、ブランドの発展に注力することだ。上場廃止は考えていない」とし、「新商品の開発や販売網の拡大、とくにオンラインの強化などに取り組んでいる」と述べた。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com