×
By
fashionsnap
掲載日
2019/09/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

プールがランウェイに、ベネトン"未来に向けた"ショーのテーマは「水」

By
fashionsnap
掲載日
2019/09/20

 「ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン(United Colors of Benetton.、以下ベネトン)」が、ミラノ ファッションウィーク初日となる9月17日に、2020年春夏コレクションのショーを開催した。1930年代の歴史的建造物でもあるスイミングプール「Piscina Cozzi」が会場となった。

Benetton - Spring-Summer2020 - Womenswear - Milan - © PixelFormula


 ブランド初のショーとなった前シーズンの「Rainbow Machine」に続き、アーティスティックディレクターのジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャック(Jean-Charles de Castelbajac)が手掛ける2回目のショーのテーマは「Color Wave」。
 
 ショーの冒頭ではカラフルなバスローブを羽織ったスイマーが入場し、笛の合図と共に各レーンの選手が泳ぎ進める中、ランウェイとなったプールサイドにモデルが登場した。ダイバー風のワンピースや、水兵からインスピレーションを得たモチーフのアイテム、"海を守るアンバサダー"としてポパイがシャツにプリントされるなど、マリンのムードが全体を包んだ。

 そのほか、子供の頃に戻ったような感覚を思い出してほしいという、ミニサイズのTシャツやニットが縫い合わされたピース、セメント工場で使用され土に還すこともできる産業用の紙を使ったトレンチコートなど、キャッチャーなアイテムが加わった。ショーの終盤には、1990年代に先駆けて多様性のコンセプトを打ち出し、ベネトンのアイコニックなキャンペーンヴィジュアルを手掛けたことでも知られるイタリアの写真家オリビエーロ・トスカーニ(Oliviero Toscani)の作品がプリントされたアイテムも登場した。
 
 カステルバジャックは、「前回はベネトンと私のこれまでの歴史を掘り下げるもの、今回はブランドのこれからに向けたコレクション」と位置づけ、会場となったプールについては「水に飛び込むこと=挑戦を恐れないでほしい、という意味を込めた。また、水は我々の生活になくてはならないものであり、守らないといけない資源。未来に向けた様々なメッセージを表現している」と説明。「ベネトンはブランドであって、誰もが集い、ファッションを享受することができる一つの国のようなもの。特に若者は、スタイルを手に入れるには高価なものを身につけないといけないと思っているが、私たちは高品質で美しく、サステナブルで手に届くものをこれからも提供していきたい」と、ブランドの方向性を打ち出した。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.