マルベリーから初のアイウェアコレクションが登場、1960年代のイギリスに着想した8型を展開

 「マルベリー(Mulberry)」が、2019年春夏コレクションでブランド初のアイウェアコレクションを発表した。2月末からギンザ シックス(Ginza Six)店とハービス Plaza Ent店および公式オンラインストアで取り扱う。

アイウェアコレクションビジュアルImage: マルベリー

 今シーズンは、1960年代のイギリスにおける開放感が溢れ自由な世情と、革命をテーマに採用。イタリアの老舗アイウェアメーカー「デリーゴ(De Rigo)」とのコラボレーションで全8型を製作した。

 Kate、Jane、Emma、Charlotte、Gianにはチャンキーなアセテートを、TonyとLennyには軽量なワイヤー素材をそれぞれフレームに使用。今シーズンのレディ・トゥ・ウェアに用いられたハイビスカスレッドやシャーベットピンクといったカラーパレットをベースに、タイムレスなカラーであるブラックやゴールドを取り入れた。日本では、Kate、Charlotte、Emmaの3型のサングラスを展開する。価格は各税別3万4,000円。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

アイウェアコレクション
新規登録