×
By
fashionsnap
掲載日
2015/01/25
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

マーダーライセンスが「Black by Vanquish」に刷新 クラウドファンディングで東コレ初参加

By
fashionsnap
掲載日
2015/01/25

 せーのが展開してきた「マーダーライセンス(Murder License)」が、ブランド名を「ブラック・バイ・ヴァンキッシュ(Black by Vanquish)」に刷新。サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営する「Makuake」でクラウドファンディングを行い、ショー開催資金を集めて東京コレクションに初参加することを発表した。


 城山隼人(シロヤマハヤト)がデザイナー兼クリエイティブ・ディレクターを務め、「Black」をテーマに展開してきた「マーダーライセンス」は、2014年にブランド創設から10年を迎えた。2015年秋冬シーズンから、その先にあるビジョンを見据えてブランド名を「ブラック・バイ・ヴァンキッシュ」に刷新。せーのの基幹ブランド「ヴァンキッシュ」の名を投影することで、世界展開も視野に入れたブランドとして新たなスタートを切るという。

 ファーストシーズンとなる 2015年秋冬コレクションは、ファッションイベント「Mercedes-Benz Fashion Week Tokyo」に初参加し、3月中旬に都内でファッションショーを開催予定。「Change」をコレクションテーマに、「マーダーライセンス」が10年間で確立した方程式をあえて破壊し、生まれ変わるという強い決意を込めているという。なお、せーの代表の石川涼が手がける「ヴァンキッシュ」は、2010年10月にファッションウィークに初参加して2011年春夏コレクションを発表したが、その後の参加はなかった。

 デビューショーの開催に向けて、ファッションショー開催支援プロジェクトを実施する「Makuake」は、新しいサービス・モノ・プロジェクトの幕開けを応援するクラウドファンディングサービス。「ブラック・バイ・ヴァンキッシュ」は、一般の方向けプランとしてファッションショーの招待のほか、非売品のステッカーやTシャツ各種、割引クーポンの配布、ルックブックへの名前掲載などを用意。また企業様向けには、ファッションショーの招待状やルックブック、そしてショー会場に設置するフォトブースへの企業ロゴ掲載などのプランが用意される。ショー開催資金の募集期間は1月23日から2月27日で、目標金額は3百万円。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.