×
595
求人
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo
ADIDAS
Manager, Retail Analyst, Retail Back Office
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager Buying Adidas & License Goods, Buying, Direct to Consumer
正社員 · 東京
ADIDAS
District Manager Field Operations, Retail Operations, Direct to Consumer
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Evm, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Organic Search, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
MOËT HENNESSY DIAGEO JAPAN
Account Manager Duty Free Sales
正社員 · 東京都
KERING
Kering Eyewear Finance Manager
正社員 · 東京都
BOTTEGA VENETA
Commerce & Client Service Manager(Japan)
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
経理(リスクマネジメント)
正社員 · 東京
TRIUMPH
Purchase Order Management Specialist
正社員 · 東京
TRIUMPH
Senior Brand Merchandising Manager - Triumph Core
正社員 · 東京
デッカーズジャパン
Demand Planner, Operations
正社員 · 東京
LACOSTE JAPAN
Digital Marketing/CRM Specialist
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Digital Specialist / Online Creative Director(Luxe)
正社員 · Tokyo
KERING
Retail IT Operations (Gucci)
正社員 · 東京
DIOR
ビジネスアナリスト
正社員 · 東京
BOUCHERON
Product Marketing
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
セールスクラーク
正社員 · 東京
AESOP
Supply Chain Coordinator
正社員 · 東京

ミラノ ファッションウィーク開幕、若手に注目

By
AFP-Relaxnews
掲載日
today 2016/09/21
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

  9月21日、「グリンコ(Grinko)」と「ブルーガール(Blugirl)」といったイタリアンブランドのショーで幕を開けたミラノ ファッションウィーク。今シーズンは若手に注目が集まるプログラムとなっている。

Fashion Week has kicked off in Milan. ©Eugenio Marongiu / Istock.com - ©Eugenio Marongiu / Istock.com
Blugirl, the sexy younger sister of designer Anna Molinari's main womenswear brand Blumarine, served up a typically irreverent, mix-and-match

 
 アンナ・モリナーリ(Anna Molinari)手掛ける「ブルマリン(Blumarine)」の姉妹ブランド「ブル―ガ―ル(Blugirl)」は、ミックスアンドマッチなコレクションを披露。オフショルダーやパフスリーブのロマンティックなボヘミアンスタイルに、バイカーブーツやシャープなフリンジといったロックなエッジをプラスした。
 
 続くドイツ人デザイナーのヴォルフガン・ヨープ(Wolfgang Joop)が手掛ける「ワンダ―カインド(Wunderkind)」は、ミラノのニューカマーだ。

 「ジャンバティスタ・ヴァリ(Giambattista Valli)」も、新ライン「ジャンバ(Giamba)」を初披露する。
 
 他にも、ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)の支援プログラムで見出された中国発の「リコストル(Ricostru)」が初参加。"アルマーニ劇場"で9月26日に17年春夏コレクションのショーを行う。
 
 また、アルマーニ自身はファッションウィークの最終日にショーを開催するのが常だが、今回はメインレーベルを23日に発表し、そして「エンポリオ・アルマーニ(Emporio Armani)」のショーはパリでの開催となる。
 
 イタリアファッション協会のカルロ・カパサ(Carlo Capasa)会長も、「若いデザイナーを高く評価しているので、若手だけの一日というのもあって良いと思う。未来に向けた一日だ」と話した。
 

ジェンダー・ベンディング

 アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)手掛ける「グッチ(Gucci)」の最新コレクションは、初日のハイライトでもある。
 
 メンズ・ウィメンズを年に2度のペースで発表する、という現在のシステムの未来は不確かなものだ。ユニセックスに傾きつつあるコレクションや、ランウェイの直後に手に入るアイテムなど、変化の波が押し寄せている。
 
 ミラノという都市自体も、こうした波に大きな影響を受けることになるだろう。「昨年9月のファッションウィークがミラノ市にもたらした間接利益は、4800万ユーロ(約54億円)とも推定されている」とミラノ市のクリスティーナ・タヤーニ(Cristina Tajani)助役。
 
 「若いデザイナーに街の名所をショー会場として提供したり、我々もできる範囲の対策はしている」という。各ブランドには、業界関係者だけでなく一般客も参加できるようなイベントの開催を促す。
 
 カパサ会長は、協会にも用意があると述べている。「ショーと並行して、街中で様々なイベントを予定している」。
 
 また、招待客限定の特別イベントで注目されるのは、ブレラ美術学院で開催される「ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)」のショーだ。
 
 設立50周年とトーマス・マイヤー(Tomas Maier)就任15周年を記念して、メゾンの歴史上初となるメンズ・ウィメンズ混合のランウェイを披露する。
 
 既にユニセックスなルックを提案してきた「グッチ」も、来年の9月からはメンズとウィメンズのコレクションを同時に発表するとしている。
 

Copyright © 2019 AFP-Relaxnews. All rights reserved.