×
476
求人
株式会社サザビーリーグ
販売促進担当(セールスプロモーション担当)Artida Oud(アルティーダ ウード) 
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Group/Senior Product Manager (Ppd, l'Oreal Professionnel)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan CRM Operation Specialist (Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan Brand E-Business Shop-iN-Shop Project Manager(Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
BAYCREW'S GROUP
マーケティング担当(メール/Sns、自社、業界最大級のEcサイト)
正社員 · 東京
AESOP
Marketing Coordinator
正社員 · 東京
CHRISTIAN DIOR
Supply Chain Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Hrコーディネーター(採用中心)
正社員 · 東京
HUBLOT
PR&ad Manager
正社員 · 東京
LVMH WATCH & JEWELRY JAPAN
ロジスティクス プロダクツオペレーション リーダー
正社員 · 東京
ステラ マッカートニー
Logistics Assistant (Import/Export Coordinator)
正社員 · 東京
GUCCI
Financial Controller
正社員 · 東京
KERING
Kering Store Planning Project Coordinator
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo
ADIDAS
Manager, Retail Analyst, Retail Back Office
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager Buying Adidas & License Goods, Buying, Direct to Consumer
正社員 · 東京
ADIDAS
District Manager Field Operations, Retail Operations, Direct to Consumer
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Evm, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Organic Search, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
MOËT HENNESSY DIAGEO JAPAN
Account Manager Duty Free Sales
正社員 · 東京都

ミラノ・メンズファッションウィーク 2016年春夏のトレンドまとめ

掲載日
today 2015/06/25
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 先日開催されたミラノメンズファッションウィークのランウェイから、2016年春夏シーズンに向けた8つのトレンドを紹介。
 
1) オーバーサイズショートパンツ

Jil Sander は黒いレザーのショートパンツを提案 - © PixelFormula


 ここ数シーズン、メンズのワードローブを席巻してきたバミューダスーツ。ショートパンツも益々ボリュームを増して、ほとんどスカートと見紛うようなものまで。中でも特に次の春夏シーズンで注目のアイテムといえば、濃いカラーのレザーショートパンツだ。ビビッドなオレンジからターコイズ、カーマインレッドから黒まで、様々な色が登場した。
 

2) ワイドパンツ

Fendiのルックには3つのマストハブが: サンバイザー、ジョギングパンツ、バックパック - © PixelFormula


 スリムパンツもまだまだ勢いを失ってはいないが、その地位が揺らぐのも時間の問題だ。実際ミラノのランウェイでは、リラックスシルエットのワイドパンツが人気だった。ハイウエストだったり、裾が踵に掛かるほどのレングスも見られた。また、「エルマンノ・シェルヴィーノ(Ermanno Scervino)」はワイドパンツに端正なフランネルを使用。よりスポーティーなバージョンを作ったり、ジョギングパンツをタウン向けに提案するブランドもあった。


3) ライトレインウェア

Brioni のレインパーカ - © PixelFormula


 便利でどこでも使えるアウターもトレンドに。来年の夏は、メンズのマストな持ち物の一つになりそうだ。透明に近いニュートラルカラー、超軽量なナイロン製のレインウェアは、まるでブラウスのような佇まい。よりカラフルでダイナミックなバージョンなども見られたが、共通しているのは、羽衣のように薄い生地だということ。パーカーの進化形とも言える。


4) ワークウェア

Marniのサマーコート - © PixelFormula


 今シーズン、ワークウェアの要素もあちこちに見受けられた。ジャケットなどもリバイバルされ、「プラダ(Prada)」などは腕にビビッドなポイントを付けてガソリンスタンドの店員風の着こなしを提案、「ファセッタズム(Facetasm)」には現場作業員の着るオレンジのベストが登場し、「ヌメロ・ヴェントゥーノ(N°21)」は鍛冶屋の前掛けをホワイトのコットンで再現。しかし、中でも一番人気だったのはワークコートで、サマーコートとして取り入れられていた。


5) ネックウェア

Gucciのネックアクセサリー - PixelFormula


 来夏、スカーフや襟飾りなどのネックウェアがマストになりそうだ。ランウェイではあらゆる形のネックウェアが見られ、「ディースクエアード(Dsquared2)」のサーファー風ネックレスや、「ミッソーニ(Missoni)」のマドラスチェックストール、さらに「グッチ(Gucci)」では大きなレースの付け襟も。来夏は、ネクタイを捨ててストールを首に纏う人々が増えるだろう。


6)ヘッドウェア

Salvatore Ferragamoのベースボールキャップ - © PixelFormula


 頭まわりのアクセサリーも、来夏に必須のアイテムだ。「フェンディ(Fendi)」はサンバイザー、「ヴェルサーチ(Versace)」は海賊風にスカーフを頭に巻き、「ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)」は中東風の帽子をクロッシェで。さらに、「アントニオ・マラス(Antonio Marras)」のセーラー帽、「サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」のベースボールキャップに、「モンクレール・ガム・ブルー(Moncler Gamme Bleu)」のフィッシング帽と、挙げればきりがないほど。


7)バックパック

Bottega Venetaのバックパック - PixelFormula


 次の春夏のイットバッグといえばこれ。メンズのワードローブに欠かせないものになるだろう。ボリューミーでしっかりとした登山用リュックのようなスタイルを提案したのは、「ボッテガ・ヴェネタ」。また、「フェンディ」はよりファッショナブルなプリントを用いて、シャツとのコーディネートで遊んでいた。素材は勿論、良質のレザーで。


8)ソックス

Moncler Gamme Bleuのスポーティーなソックス - PixelFormula


 トングやサンダルを履くとしても、来夏はソックスなしでは出歩けない。「ボッテガ・ヴェネタ」は手編みのざっくりしたソックスで、トレッキング風ルックを完成させていた。また、「プラダ」では、ファインゲージのものをルーズに捩って重ね履きをするスタイルに。一方、「モンクレール」や「マルセロ・ブロン(Marcelo Burlon)」では、膝下レングスのスポーティーなハイソックスが登場。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com