×
掲載日
2020/02/21
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ミラノFW:「プラダ」の力強いフェミニン、ラフ・シモンズ就任の噂には言葉を濁す

掲載日
2020/02/21

 「プラダ」がミラノで見せた最新コレクションは女性に捧げられたものながら、会場の中心ではアトラス像が世界を支えていた。

Prada - Fall-Winter2020 - Womenswear - Milan - © PixelFormula


 「女性性と力強さの葛藤なの」と説明するミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)だが、ラフ・シモンズ(Raf Simons)を「ミュウミュウ(Miu Miu)」に迎え入れるという噂について問われると、「まあ見ていて。極秘事項なのよ。知らないけれど」と笑顔で言葉を濁した。
 
 コレクションでは、ベーシックな要素を踏襲しながらも、それを予想外の方法で組み合わせて非常に新しいフェミニンスタイルを打ち立てている。

 シングルボタンのベルテッドブレザーはカーフレングスのフリンジスカートとスタイリング、ロングジャケットには腿までスリットの入った膝丈のスカートを合わせた。圧縮ウールのスカートは細かく裂き、まるで乾いた海藻のようなシルエットに。他にも、シアーなカクテルドレスにはクリスタルを散りばめ、ブラックのタイツとボーイッシュなジャケットでバランスを取っている。

Prada - Fall-Winter2020 - Womenswear - Milan - © PixelFormula


 足元にはスリークナプラットフォームシューズを合わせていたほか、パステルカラーのチャンキーなスキーブーツも目を引いた。

 会場のセットは1月のメンズと類似したコンセプトで、キャットウォークを5メートルほど上から見下ろす形になっている。先シーズン中央に配置されていたのは騎士像だったが、今回のアトラス像についてミウッチャ・プラダはこう語っている。
 
 「馬に乗った女性というのもありふれているでしょう。アトラス像なら強さを表現できると思ったの。女性もそれに背を向けるべきではないわ」。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com