メガネスーパー/TOFセンサーで「接客行動」可視化

 メガネスーパーは6月12日、ゼンリンデータコムと行ったTOFセンサーによる屋内位置測位と画像認識技術を用いた「接客行動の可視化・分析」実証実験の結果を発表した。

来店客と店舗スタッフの動きを表す実験イメージ図

 メガネスーパー麻布十番店において、2018年12月26日~2019年1月24日までの約1カ月間、延べ約1400人の来店客を対象に実施した。
 
 実証実験では、カメラによる画像認識技術を利用し店舗スタッフと来店客を判別するとともに、日立LGデータストレージが提供するTOFセンサーを用いて店舗内の人の位置を高精度に把握。
 
 店舗スタッフと来店客の位置情報(移動・滞在)データから、店舗スタッフの接客行動を可視化し、売上との相関関係について分析を行った。
 
 実験期間中の来店客と店舗スタッフの位置情報を取得し、来店客の動線と店舗スタッフの接客行動を定量的に把握、可視化。
 
 スタッフごとの接客行動と売上の相関関係から、動的待機など、どのような接客行動が購買につながるかを明らかにすることを実験の目的とした。
 
 結果、取得した位置情報とPOS情報を紐づけ、購入者と非購入者のそれぞれに対する接客行動を可視化することで、これまで把握できなかったスタッフごとの接客行動の差が明らかになった。
 
 一例としては、商品を売り上げる過程で、接客に非常に多く時間をかけるスタッフ、短い時間で効率的に売り上げるスタッフなど、客観的にスタッフごとの接客時の動きや時間、それらの傾向を把握できた。
 
 今回の実証実験で得た考察は、店舗における接客行動の改善などに活用し、顧客満足度の向上を図る。



Copyright © 2019 All rights reserved.
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

アイウェアリテールイノベーション
新規登録