メゾン誕生から受け継がれてきた香水「ミス ディオール」体験型の展覧会が開幕、ドレスアップした女優やモデルが続々と来場

 パルファン・クリスチャン・ディオールが、香水「ミス ディオール」にフォーカスした体験型の展覧会「ミス ディオール 展覧会/ラブ&ローズ(Miss Dior Love N'roses)」を、6月7日から16日まで表参道のba-Tsu Art Gallery,The Massで開催する。6月6日の今日、関係者向けにレセプションを開催し、女優やモデルとして活動する佐々木希や大政絢、高橋メアリージュン、石田ニコルら豪華なセレブリティらが来場した。

1947年春夏オートクチュールコレクション 「ミス ディオール ドレス」- Image: Fashionsnap.com

 ミス ディオールは1947年にメゾンの創立とともに誕生。クリスチャン・ディオール(Christian Dior)が同年に発表しモード界に影響を与えてきた「ニュールック」を表現する香りとして、70年以上にわたり受け継がれてきた。
 
 同展は6つのブロックで構成。会場1は1949年に登場した花々が刺繍された伝統的なドレス「ミス ディオール」やフレグランスボトルのアーカイブ、パリのアヴェニュー・モンテーニュ30番地をイメージしたデジタルウォールを展開し、会場2ではフランス人アーティスト キャロル・ベンザケン(Carole Benzaken)による作品「アルボレサンス」を日本で初めて公開する。会場3はマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)による「イメンス シークレット ドレス」と、ミス ディオールのインスタレーションを設置。また会場4ではナタリー・ポートマン(Natalie Portman)がキャンペーンフィルムで着用するためにラフ・シモンズ(Raf Simons)がデザインしたドレスや、ミス ディオールからインスピレーションを得た塩保朋子の「スパイラル ローズ」を展示し、会場5はフォトブースが展開され、「ミス ディオール カフェ」ではスペシャルドリンクやオリジナルスイーツを提供する。
 
 このほか会期中は、世界で47個限定で発売する「ミス ディオール オードゥ パルファン ラブ エディション」の受注を行う。展示全体のオーディオガイドは俳優の吉沢亮が担当し、スマートフォンのポッドキャストアプリから視聴できる。
 
 レセプションに来場した佐々木希はピンクのグラデーションで配色されたプリーツドレスを着用。どんな時にミス ディオールをつけたいかという質問に対して「おしゃれをして出かける時に」と答え、ゴールドのドレスを纏った大政絢は「ドレスアップしたり友達とランチする時」とコメント。また水原希子は「フレッシュなローズの香りなので、夏の暑い日にすっきりしたい時にも良いと思います」と感想を述べた。


■ミス ディオール 展覧会
会期:2019年6月7日(金)〜6月16日(日)
時間:11:00〜20:00 ※6月10日(月)は19:00、6月16日(日)は18:00にクローズ
入場:無料
場所:Ba-Tsu Art Gallery, The Mass
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-5

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアラグジュアリー - ウェアフレグランスイベント
新規登録