×
By
fashionsnap
掲載日
2014/04/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ユニクロGapを初めて上回る 世界小売ブランドランキング2014発表

By
fashionsnap
掲載日
2014/04/12

 世界最大のブランドコンサルティング会社、米インターブランドが2014年の小売りブランドランキング「Best Retail Brands 2014」を発表した。全世界の1位は6年連続でスーパーマーケットチェーン「Walmart(ウォルマート)」。国内の首位は「Uniqlo(ユニクロ)」(アジア太平洋地域2位)で、調査開始から初めて「Gap(ギャップ)」のブランド価値を上回った。


 世界4つの地域ごとに小売りブランドをランク付けしている「Best Retail Brands 2014」によると、北米地域では「Walmart」、ヨーロッパ地域は「H&M(ヘネス・アンド・ マウリッツ)」、アジア太平洋地域は「Woolworths(ウールワース)」、ラテンアメリカ地域はブラジルの化粧品メーカー「Natura(ナチュラ)」が首位を獲得。国内の小売りブランドは、将来の成長に向けて国内の顧客のみならず中国や東南アジアなどの若い市場に目を向けていることが評価され「ローソン」(7位)や「ファミリーマート」(12位)、「Muji」(15位)、「ニトリ」(25位)など計6ブランドがアジア太平洋地域のトップ30に入った。初のラインクインとなった「エービーシー・マート」は28位を獲得した。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.