×

ユニクロ、配達員やゴミ回収作業員にエアリズム約15万着を寄付

By
fashionsnap
掲載日
2020/06/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「ユニクロ(Uniqlo)」が、宅配会社の配達員やゴミ回収の作業員を対象に、機能性インナー「エアリズム」を約15万着寄付すると発表した。佐川急便とヤマト運輸の配達員に向けて約11万6000着、ユニクロ店舗で出るゴミや全国の家庭ゴミを回収する作業員に対して約3万4000着を、6月下旬から順次提供する。

「エアリズム」キーヴィジュアル - Image: ユニクロ


 ユニクロは国内をはじめヨーロッパや東南アジア諸国の医療機関にエアリズムのインナーを寄贈しており、防護服やガウンの着用時の蒸れの軽減をサポートしている。今回は、暮らしを支える宅配会社とゴミ回収に着目し、高温多湿な日本での作業を支援する目的で寄付を実施する。

 ファーストリテイリングはこれまでに新型コロナウイルスの感染対策支援として、国内外の医療機関にマスク1000万枚に加え、アイソレーションガウンやエアリズムインナーを寄贈。このほか、世界の26の国と地域で、ホームレスやドメスティックバイオレンス被害者といった社会的に弱い立場にいる人たちを支援する団体を対象に、エアリズム、ヒートテック、ダウンジャケットなど22万点以上の衣料提供やNGO団体への寄付を実施するなど、社会貢献活動に力を入れている。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.