ラコステのポロシャツ素材をシューズに「La Piquee 119 1」発売

 「ラコステ(Lacoste)」が、2019年春夏コレクション「ラコステ モーション(Lacoste Motion)」で代表作であるポロシャツ「L.12.12」からインスピレーションを得たシューズ「La Piquee 119 1」を発表した。価格は税別1万3,500円。ラコステの渋谷店、グランフロント大阪店、公式オンラインストア「Lacoste e-shop」の3店舗で1月31日に先行発売し、2月中旬からラコステ全店舗で販売される。

La Piquee 119 1  -Image by: Lacoste

 ポロシャツ「L.12.12」は、1933年にブランド創始者でテニスプレーヤーのルネ・ラコステ(René Lacoste)がプレー時に動きやすいウェアとして開発。通気性に優れたピケ素材を採用しており、発表後には瞬く間にテニスウェアのスタンダードとして定着した。

 「La Piquee 119 1」は、ポロシャツ「L.12.12」と同じピケ素材をアッパーに採用。ポロシャツ同様の通気性に加えて、ピケ素材特有の包み込むようなフィット感を兼ね備えている。また超軽量ソールを使用し、シューズ自体を軽量に仕上げることで長時間着用しても疲れない快適な履き心地を実現。カラー展開はメンズが白×グリーン、白×ネイビー、ネイビー、黒の4色で、ウィメンズが白、ネイビー、黒の3色となっている。

■ラコステ:公式サイト

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - シューズコレクション
新規登録