×
By
fashionsnap
掲載日
2018/05/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ラブレスが福岡発のウィメンズブランド「フレイエア」立ち上げ

By
fashionsnap
掲載日
2018/05/24

 三陽商会が運営するセレクトショップ「ラブレス(Loveless)」と福岡市のアパレルメーカー「ハルズアミ(Haru's Ami)」が協業し、ウィメンズブランド「フレイ エア(Frei Ea)」を立ち上げた。

2018年秋冬コレクション - 画像: Fashionsnap


 フレイ エアは30代女性をメインターゲットに、ラブレスとギルドプライムの中間カテゴリーとなる"大人カジュアル"を提案。16人の社員のうち8人がパタンナーのハルズアミは、立体裁断によるデザインを得意としており、ゴムで袖を絞れるようにしたコートや、好みに合わせて丸みができるよう裾の紐で調節ができるMA-1など「人が着ることによって初めてデザインが完成する洋服」をキーワードにアイテムを製作した。価格帯は1万5,000円〜4万6,000円。

 三陽商会の担当者は立ち上げ理由について「東京のトレンドとは違うものを発信するため、ファッション感度の高い福岡発のブランドを作りたかった」とコメント。卸は行わず、8月から順次ラブレスと「ギルドプライム(Guild Prime)」、オンラインストアで展開していく。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.