×
By
fashionsnap
掲載日
2021/06/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ランバン親会社が「セルジオ ロッシ」を買収、中国市場を強化

By
fashionsnap
掲載日
2021/06/10

 「ランバン(LANVIN)」の親会社で中国を拠点とするフォースン ファッション グループ(Fosun Fashion Group)が、「セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)」を所有するSergio Rossi S.p.Aを買収すると発表した。ヨーロッパの投資会社インベストインダストリアル(Investindustrial)と契約を締結し、取引完了は今夏中を予定。買収額は非公開としている。



 セルジオ ロッシは2015年にケリング(Kering)が、インベストインダストリアルに売却。現在は世界に64店舗を展開しており、そのうちEMEA(欧州・中東・アフリカ)やアジアにある45店舗を直営店として運営している。

 フォースン ファッション グループは、ランバンをはじめ「ウォルフォード(Wolford)」「カルーゾ(CARUSO)」「セント・ジョン(ST.JOHN)」などを有しており、セルジオ ロッシを買収することでコアコンピタンスである高級アクセサリーを補完する。また、セルジオ ロッシが所有する工場を通じてブランド間のシナジーを創出したい考えだ。

 インベストインダストリアルのマイケル・グアン(Michael Guan)氏は「セルジオ ロッシのグローバル化を進めてきた結果、アジア、特に中国での売上が大きく伸び、主要地域となりました。中国およびアジアで強力なポジションを持つフォースン ファッション グループはセルジオ ロッシの同地域での拡大を支援する理想的な新オーナーであると確信しています」とコメントしている。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.