×
By
AFP
掲載日
2019/09/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

リシュモン、伊ジュエラー「ブチェラッティ」を中国企業から買収

By
AFP
掲載日
2019/09/27

 スイスのリシュモン(Richemont)グループが、イタリアのジュエラー「ブチェラッティ(Buccellati)」を中国のGangtai Holdingから取得したと発表した。取引額は明かされていない。

「ブチェラッティ」パリ・サントノレ店 - DR


 取引は9月26日に完了し、連結純資産および本年度営業利益への影響は軽微だとされている。
 
 「活発なジュエリー市場において、『ブチェラッティ』は稀有な存在だ。すでにグループ傘下にある他のジュエリーメゾンを補完してくれるだろう」とヨハン・ルパート(Johann Rupert)会長。

 「カルティエ(Cartier)」、「ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)」といったブランドを傘下に収めるリシュモンは、売上高の半分をジュエリー事業が占めている。
 
 「ブチェラッティ」は1919年に創業し、特にルネッサンス時代にインスパイアされたジュエリーが有名だ。ゴールドをレースのように扱う金細工の技術にも定評がある。
 
 創業者一族から投資ファンドClessidraを経て、2017年に中国企業Gangtai Holdingが株式85%を取得してオーナーになった。

 

無断複製・無断転載禁止
© 2021 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。