×
135
求人
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
fp&a Group Manager For Brand
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
By
AFP
掲載日
2020/01/17
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

リシュモン、第3四半期は6%の増収 香港が足かせに

By
AFP
掲載日
2020/01/17

 「カルティエ(Cartier)」や「クロエ(Chloé)」などを所有するスイスのリシュモン(Richemont)が発表した第3四半期業績は、売上高が6%増の41億ユーロ(約5013億4500万円)となった。香港が足かせとなり、アジアでの成長が鈍化した形だ。

Chloé - printemps-été 2020 - Paris - © PixelFormula


 グループにとって重要な市場であるアジア・太平洋地域での売上高は2%増の14億ユーロ(約1711億9100万円)で、香港における「深刻な売上の停滞」が理由に挙げられている。
 
 ちなみに、同地域での第1四半期の成長率は5%だったが、それでもすでに前四半期の20%という増収からは大幅に減速していていた。

 香港の民主化デモの運動は激化しており、警察とデモ参加者との衝突も増えている。臨時休業をせざるを得ない店舗もあり、売上に大きく影を落とした。
 
 香港以外のアジア地域では、中国と韓国で2桁台の伸びがあった。特に「カルティエ」、「ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef&Arpels)」といったジュエリー事業が好調だったという。
 
 一方、日本では現地通貨で7%の減収となった。
 
 第3四半期はホリデーシーズンと重なったことで、ヨーロッパ地域では9%、米州では5%とそれぞれ増収があった。
 
 カテゴリ別にみると、ジュエリー事業の売上はが現地通貨で6%増、「ピアジェ(Piaget)」、「IWC」、「ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre)」といったウォッチ事業が2%増だった。


(2020年1月17日現在、1ユーロ=122円で換算)

無断複製・無断転載禁止
© 2021 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。