×
By
fashionsnap
掲載日
2017/02/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ルック、会社分割による持株会社体制に移行

By
fashionsnap
掲載日
2017/02/20

 「マリメッコ(Marimekko)」や「イル ビゾンテ(Il Bisonte)」などのブランドを取り扱うルックが、2019年1月1日を効力発生日として持株会社体制に移行することを発表した。分割準備会社として同社100%出資の子会社を設立し、ルックを分割会社とする分社型の吸収分割により事業を継承。3月30日開催の株主総会で承認を得る。

ルックの取り扱いブランド「マリメッコ」を代表する図柄のウニッコ Fashionsnap


 同社は、競争が激化している国内アパレル・ファッション業界や消費者の大きな変化に対応するため、持株会社体制に移行することにより経営に係る意思決定の迅速化を図り、機動的かつ柔軟な経営判断を可能にするグループ運営体制を構築することを目指す。また、各事業会社の経営を有為な人材に担わせることにより、次世代の経営人材を育成するとともに、グループの企業価値をさらに向上させるため、新たな成長分野に対して積極的にグループの経営資源の配分を行っていく考え。なお、ルックは分割後の商号を「株式会社ルックホールディングス」に、承継会社のルック分割準備会社は「株式会社ルック」に変更する予定。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.