×
By
fashionsnap
掲載日
2020/01/13
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ロエベが新ヴィジュアルにカイア・ガーバーを起用、テーマは「ノグチと歌舞伎」

By
fashionsnap
掲載日
2020/01/13

  「ロエベ(Loewe)」が、「ノグチと歌舞伎」をテーマに撮影した2020年春夏ウィメンズコレクションのヴィジュアルを発表した。

Image: Loewe


 ヴィジュアルは2018年からブランドのコレクタブルブックに携わっている日本人アーティストのフミコ・イマノ(Fumiko Imano)が制作。撮影はパリのユネスコ本部にあるイサム・ノグチ(Isamu Noguchi)が設計した「平和の庭園」で行われ、モデルにはカイア・ガーバー(Kaia Gerber)を起用した。庭園は石の彫刻と、小川や蓮の池に沿って禅を意識して配置された竹や梅、モクレンの木が特徴で、イマノ自身も歌舞伎の「荒事」の悪役に変身した双子としてヴィジュアルに登場している。
 
 スタイリングはベンジャミン・ブルーノ(Benjamin Bruno)、ヘアはシモーヌ・メーソン(Simone Mason)、メーキャップはパット・マクグラス(Pat McGrath)がそれぞれ担当。カイアは庭園が造られた1950年代を意識したボリュームのあるボブスタイルで、2020年春夏シーズンの新アイコン「バルーン」バッグなどを身につけている。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.