×
552
求人
コンデナスト・ジャパン
Digital ad Operation&Programmatic ad Staff
正社員 · 東京
KERING
Assistant Warehouse Manager
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
【Food/Laduree】法人営業
正社員 · 東京
LACOSTE JAPAN
Finance & Operation部/Logistics Specialist
正社員 · 東京
LACOSTE JAPAN
E-Commerce Director
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
財務経理(マネージャー候補)募集
正社員 · 東京
FENDI
Retail Training Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Retail Operation Coordinator
正社員 · 東京
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, HR)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Ysl)
正社員 · Tokyo
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Advertising
正社員 · 東京都
コンデナスト・ジャパン
Corporate Branding Manager (or Senior Manager)
正社員 · 東京都
FENDI
Supply Chain & Logistics Director
正社員 · 東京都
バーバリー・ジャパン株式会社
Customer Fulfillment Assistant Manager 募集
正社員 · 東京
FENDI
Digital Marketing Manager
正社員 · 東京
SHIPS
商品ロジスティック部門 物流担当スタッフ
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
リーフレット・ノベルティ・パッケージ等販促物の企画制作(正社員)
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Digital Marketing Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Head of E-Commerce & CRM Japan
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Sales Representative
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Brand Merchandising Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Merchandising Specialist
正社員 · 東京都

ロンドン ファッションウィーク総括:ロマンチシズムと先行き不安の狭間で

掲載日
today 2019/02/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ロンドン ファッションウィークが閉幕したが、ちょうど開催されていた2つの展覧会が両極に揺れる街のムードを象徴しているように感じられた。テート・ブリテンの中では、ラファエル前派の画家エドワード・バーン=ジョーンズによる幻想的な絵画と、一方で高名な戦場カメラマンであるドン・マッカランの写真が展示されている。

Reality Inverse - Serpentine Gallery - London


 また、サーペンタインギャラリーでは「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」によるアーティスティックなイベントが開かれ、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)とニック・ナイト(Nick Knight)が制作した映像作品「Reality Inverse」を披露した。メタリック素材でできた服は、折ったり曲げたりすると色を変える。それをネガで撮影したイメージは夢幻のような美しさだった。

 

 
 「ジョンが思いついた素材がテーマだったんだ。ネガで撮影するから、動くと面白い効果が得られる」とニック・ナイト。大きなスクリーンに映像を流す他にも、VRゴーグルをつけて体感する形で上映された。バックに流れるのはロイ・オービソンの「In Dreams」だ。

 他に神秘的な美しさを表現していたのは、「メアリー・カトランズ(Mary Katrantzou)」のランウェイだろう。「Universal Pictures」と題されたコレクションは、古代ギリシアの自然哲学者エンペドクレスによる四元素説に着想を得ていた。

Mary Katrantzou - Fall-Winter2019 - Womenswear - Londres - © PixelFormula


 マラブーフェザーとチュールを使ったラッフルをあしらったコートは目を引いたが、大地の亀裂を捉えた写真をナイトガウンやレザーのジャケットにあしらったのはやや過剰にも思われる。実際、当日のカトランズは少し無理をしているようでもあった。

 一方の「クリストファー・ケイン(Christopher Kane)」は、「Rubberist」や「Looner」といったメッセージを描いたトップスやコートを打ち出し、フェティッシュでビザールなコレクションを披露。ラバーやラテックス、プラスチック素材でできた洋服は面白くはあったものの、魅力的かというと疑問が残る。率直に言ってしまえば、ケリング(Kering)と袂を分かって以来彼はどこか精彩を欠く印象だ。危機を迎えていると言っても良い。

Christopher Kane - Fall-Winter2019 - Womenswear - Londres - © PixelFormula


 10年前には、ケインもカトランズもロンドンで期待の新人だった。しかし、新しい才能を生み出し続けている街が、業界のリーダーたちに影を落としている。

 ロンドンでもう一人注目すべき人物がいるとすれば、「Fashion East」の創設者ルル・ケネディ(Lulu Kennedy)に他ならない。ANDAMやイエール(Hyères)、LVMHプライズといったコンテストと比べても、「Fashion East」ほど息の長い若手向けの機関は見つからないだろう。今シーズンは特に2組面白いデザイナーが出てきた。

 「Gareth Wringhton」は、田園とディストピアを組み合わせたイメージを、ニットやブルゾン、カーディガンへ落とし込み、トラックパンツ風のストライプをあしらったトラウザーズと合わせた。全て良い出来で、ロンドンの相反するムードを上手く捉えているように思われた。ブレグジット後のイギリスや地球環境の問題など未来への深い恐れを抱きながら、それでも何か美しいものを模索している。

Gareth Wrighton - Autumn/ Winter 2019 - London - Photo: Fashion East/ Instagram


 Charlotte KnowlesとAlexandre Arsenaultのデュオによる「Charlotte Knowles」のコレクションでは、スイムウェアやランジェリーに堅いテーラード、リクラなどをミックスしたハイブリッドなアイテムが揃った。前途有望なランウェイデビューだ。

 とにかく、ロンドンはコントラストに富んだシーズンとなったことは間違いない。

 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com